• HOME
  • トピックス
  • 世界各国をイメージした213のKIMONOが京都市京セラ美術館に 10/16(金)~18(日)

世界各国をイメージした213のKIMONOが京都市京セラ美術館に 10/16(金)~18(日)

2020年10月16日

「2020着物に世界を映す」展覧会開催

ヨーロッパ大陸、アメリカ大陸、アフリカ大陸、オセアニア、そしてアジア。世界213の国と地域をイメージしたKIMONO(振袖と帯)がズラリと並ぶ「2020着物に世界を映す」展覧会が、10月16日金)~18日(日)に京都市京セラ美術館で開催されています。

16日にオープニングセレモニーが行われ、京都府副知事の山下晃正さん、駐日各国大使館の大使らも来場。にぎやかに開幕しました。

山下京都府知事を中心に、関係者や来賓がリボンで輪をつくり「京都から世界をひとつに」を表現

京都の28の染匠が65点の制作に

213の振袖と帯は、一般社団法人イマジンワンワールドが「着物と帯を通して、日本の素晴らしい文化と技、精神性を世界に発信しよう」とすすめてきた「キモノプロジェクト」の集大成ともいえるもので、制作には、日本各地の200を超える染元、織元が参加。京都工芸染匠協同組合の28の染匠も、65作品の制作に携わっています。日本の伝統技術のすばらしさを間近で見られる、展覧会。

アメリカ大陸のコーナー
ヨーロッパ大陸のコーナー

KIMONOは、すべてそれぞれの作家が、その国ならではのものを描き、デザイン。たとえば、イギリスの振袖は国花のバラが華やかに描かれる中、自動車などもモチーフに。1点1点じっくり見たい作品ばかりです。

「2020着物に世界を映す」

〈会期〉
10月16日(金)~18日(日)

〈会場〉
京都市京セラ美術館2階会場(京都市左京区岡崎円勝寺町124)

〈入場料〉
入場無料・事前予約制
※入館予約は、京都市京セラ美術館 展覧会予約専用サイトから「京友禅きもの芸術展」を選択して予約を
https://kyotocity-kyocera.museum/

主催/京都工芸染匠協同組合
共催/「2020着物に世界を映す」展覧会 開催委員会