屋上のオアシス「京てらす」

WEBフレンド
大好チヨ子

プロフィール

2021年12月8日 

街中散歩で歩き疲れた時に、気持ちの良い広場で一休み…。
さて、ここはいったいどこでしょうか?

ここは私の秘密のお気に入りスポット、この日も立ち寄って一休み。季節ごとに咲く花々に、広々と開けた芝生スペース。ところどころに、綺麗なベンチもあって、お弁当を広げることもできます。しかも日当たり良好!気持ちいい!

実はこちら、京都府庁2号館の屋上なのです。ビルの屋上、東側にある「京てらす」という、屋上緑化施設なのでした。

お野菜やハーブのコーナーもありました

街中の、こんなビルの上にお花やダイコンがすくすく育っているなんて、ちょっと想像できないですよね。私もたまたま5~6年前にこの場所を発見して、とても驚きました。

屋上緑化は、地球温暖化対策の一つとしてヒートアイランド現象の緩和や都市環境の改善に効果があるのだとか。そこで府民に広報するための先導的モデルとして作られたのが「京てらす」だと知り、さらに驚きました。京都府民として、そんな取り組みを知ることができて嬉しく思ったものです。

雨水タンクも設置されていて、雨水も水やりに無駄なく使用されているのが分かりました。

さらに、季節ごとに美しく整えられた花壇の花は、府民のボランティアさんたちが植栽されているとのこと。屋上緑化の効果のみならず、府民の交流の場にもなっているとは、とっても素晴らしいですね。

花壇の縁石にリサイクル材を使用し、芝生の土壌もエリアごとに基盤材が変えられ、植栽も「郷土苗(京都産種の苗木)」を取り入れた京都らしいデザインにするなど、様々な取り組みの実例が詰まった施設なのでした。

源氏物語ゆかりの草花を植栽している花壇「源氏の庭」

この「京てらす」の反対側の屋上には、太陽光発電のシステムも設置されていて、発電された電力は府庁で使用されているそうです。発電状況のデジタル表示を見ることができました。

太陽光発電システム

「京てらす」は、平日の開館時間内であれば誰でも自由に憩えるスペースです。府庁2号館のエレベーターで6階まで行ったら、案内板のある階段を屋上まで上がった先にあります。
春は特に花々が咲き乱れてとても美しく、夏には夏野菜がすくすくと育ち、グリーンカーテンも見ごろになるそうで、職員さんにも人気なんだとか。

居心地の良い屋上のグリーンと京都の街並みを眺めながら、エネルギーや屋上緑化の取り組みについて考えてみるのも良いかもしれませんね。

6階から屋上までは階段で向かいます

京都府庁第2号館屋上緑化施設「京てらす」

京都市上京区下立売通新町西入藪ノ内町
TEL:075(414)4706(京都府環境部自然環境保全課)
https://www.pref.kyoto.jp/greenroof/greenpref1.html
公開時間等はHPから確認を

プロフィール

大好チヨ子

在住エリア:京都市西京区
メインテーマ:博物館などのアートイベント/パン屋さん
子育てを終えて、ようやく京都歩きを楽しめるようになりました。知識がない私でも「楽しい!美味しい!美しい!面白い!」と感じたり「知っていたらお得」な情報をゆる~く伝えてゆきたいです。趣味はドラム演奏と、博物館ボランティア。

WEBフレンド一覧