• HOME
  • トピックス
  • パリの老舗パティスリー「ラデュレ」が、8月7日(金)に京都・祇園にオープン

パリの老舗パティスリー「ラデュレ」が、8月7日(金)に京都・祇園にオープン

2020年8月7日

1862年にフランス・パリで創業したパティスリー「ラデュレ」。8月7日(金)に京都2店舗目となる「ラデュレ 京都 祇園店」がオープンします。マカロンをはじめとしたさまざまなスイーツが楽しめます。

日本の建築が生かされた空間

日本の文化と「ラデュレ」の世界観を融合させたという店内

1階は、翡翠のようなグリーンカラーのカウンター、日本の建築を取り入れた内装に。障子からインスピレーションを受けたという天井や竹林の壁紙、桜をイメージした照明などが施され、〝京都〟を思い描かれた空間が広がります。こちらはブティックで、ショーケースには商品が美しく並びます。マカロンもパティスリーもフランス人シェフが伝統の味を再現しているそう。

限定マカロンボックス「ジャポニズム」。ほかに唐紙をベースにデザインされたボックスも 画像提供:ラデュレ 京都 祗園店

注目は、18世紀の着物の柄をモチーフに描かれたマカロンボックス「ジャポニズム」(6個入り/2650円・税別)、祇園辻利の抹茶を使用したマカロン「抹茶」(281円・税別)といった同店限定商品です。

オリジナル和菓子を抹茶とともに

「和菓子とマカロン、抹茶のセット」(和菓子は手前が「ひまわり」、奥が「手毬」)

木製の家具が並び、モダンな雰囲気の2階「サロン・ド・テ」では、和とフレンチが融合したさまざまな限定メニューがいただけます。「和菓子とマカロン、抹茶のセット」(2300円・税別)には、〝ラデュレ初〟となるオリジナルの和菓子が。ピスタチオ風味の白あんを使った「手毬」と、ラデュレの紅茶が香る「ひまわり」から選べます。一番摘みの茶葉を丁寧に石臼挽きした抹茶が、上品な甘みの和菓子によく合いますよ。

優雅なティータイムを過ごしてみては。

ラデュレ 京都 祇園店

京都市東山区祇園町南側570番122
TEL:075(548)1110
午前11時~午後8時(LO7時)
https://www.laduree.jp/