ベランダちょこっと菜園のすすめ

WEBフレンド
トモリロ

プロフィール

2021年3月12日 

南丹市美山町で畑をお借りして野菜作りをしています。街育ちで、野菜の作り方なんて全然知らない私でしたが、やっているとそれなりに育ってくれて、育つとうれしくて、なんやかんやで20年ほど続けています。

そして京都市内の自宅のせま~いベランダにもプランターを置いて、ちょこっと野菜を作っています。ちょこっと菜園なので収穫もちょこっとですが、できるとなんだか嬉しくて、買ったお野菜よりおいしく感じるから不思議です。

収穫した菜花です

今の季節は菜花を育てています。菜の花をちっさくしたようなお野菜。
プランターでちょこっと作るには、やはり葉物野菜が作りやすいですね。
あんまり大きなものより、小さめの葉物野菜がいいです。大きいものを作ろうとしてもなかなか大きく育たないので、初めから小さめに改良した野菜を選ぶようにしています。

うちのベランダは壁が高くて足元にプランターを置くと日が当たらないので、台を作ってその上に置いています。

野菜の種もいろいろあって迷いますが、これまでヒットだったのは、京野菜の水菜を小さく改良したベビー水菜。サイズも手ごろで、シャキシャキと嚙み切りやすく、サラダにぴったりでした。
サラダ用の野菜をブレンドした種も使いやすかったです。袋の中に何種類かの種がブレンドされているので、そのまま撒くだけでサラダ野菜がバランスよく作れて便利でした。

意外に難しいのが、ラディッシュです。夫はラディッシュが大好きで、これまで何度も種をまきましたが、うまくできたのは20年間のうち2回くらい。葉っぱは育っても、ラディッシュの主役の部分ができません。ちょっと太い根っこ、くらいで終了…。
最近は気持ちを切り替えて、ベビーリーフ感覚で葉っぱをありがたくいただいています。

日当たりさえ確保できれば適当に楽しめるちょこっとベランダ菜園、始めるならちょうど今ごろがおすすめですよ!

プロフィール

トモリロ

在住エリア:京都市右京区
メインテーマ:野菜作り/食文化
京都生まれの京都育ち。外国人の夫と二人で小さな飲食店を営んでいます。趣味は、畑。美山に通って有機野菜を作っています。
畑には誰かに聞いてほしくなる発見がいっぱい。そんな畑ばなしや、食にまつわるアレコレを中心に発信します。

WEBフレンド一覧