宇治市植物公園をお散歩。花と緑の力で気分爽快!

WEBフレンド
ユコユコ

プロフィール

2021年4月20日 

子どもたちの春休みが終わり、久々のひとり時間を堪能すべく、「宇治市植物公園」へお散歩に行きました。
宇治市植物公園は、その名の通り宇治市広野町にある植物公園です。

入園料は大人600円、小・中学生300円

四季折々の花や木を眺めるのが好きな私。癒しを求めて、よく訪れる場所です。

鮮やかなチューリップと鑑賞温室がお出迎え

今回、私が訪れたのは4月。

入園して、まず目に飛び込んだのは、鮮やかなチューリップ大きな鑑賞温室です。青空に向かって、華やかに咲くチューリップが映えますね。

鑑賞温室では、熱帯地域で生きる植物の姿が見られます。食中植物やパパイヤ、なんとバナナまで!木に実っている姿は、なかなか見られない光景です。

私のお気に入りは、観葉植物として人気のビカクシダ(コウモリラン)。我が家でも、苔玉に植え付けた可愛らしいサイズ感のものを育てています。

中央の柱の右側に着生しているのがビカクシダ(コウモリラン)

この温室での姿をはじめて見たときには「自然の中では、こんなに大きく成長するのか!」と驚きました。いつ見ても、ワイルドな姿に惚れ惚れします。

春の園内と、必見!「花と緑のタペストリー」

さて、広い園内ではたくさんの植物の姿が見られます。この日は、八重桜やシバザクラ、パンジーなどの春の花や、新緑の美しさが輝くイロハモミジなどの樹木の姿を楽しみました。

ハーブ・有用植物園の細やかな説明も魅力

たくさん見どころのある園内、この宇治市植物公園の目玉ともいえる「花と水のタペストリー」は必見です!

なんと、日本一を誇る大規模立体花壇なんです!鮮やかな花々で、今年の干支「牛」が描かれています。

このタペストリーを眺めながら、ベンチでのんびり過ごすのが私の楽しみです。
季節の花々で彩られたタペストリー。その大きさや花々の鮮やかさ、そしてこのユニークな表情に、とても清々しい気持ちになりました。

子ども連れにも安心、キッズコーナーもある

宇治市植物公園は、山の斜面に位置していますが、園内の通路が整備されているのでベビーカーや車椅子の利用も可能です。無料の貸出しもあります。

キッズコーナー

子どもが大好きなキッズコーナーに、新しい遊具が設置されていました。今度は一人と言わず、子どもと一緒に来るのも良いかもしれません。

四季折々の楽しみがある宇治市植物公園

季節が変われば園内に咲く花もさまざま。バラやラベンダー、あじさい、蓮などの四季折々の花が楽しめます。秋には赤や黄色に色づいた木々が、美しい景色を見せてくれると思います。

そんなこれからの景色を想像し、私は「今年こそは秋に紅葉を見に来よう!」と決意しながら帰路についたのでありました。

宇治市植物公園

宇治市広野町八軒屋谷25-1
TEL:0774(39)9387
HP:https://uji-citypark.jp/botanical/
開園時間など詳細はHPから確認を

プロフィール

ユコユコ

在住エリア:宇治市
メインテーマ:アウトドア/家族でお出かけ(公園・川遊び・BBQなど)
アウトドアが好きなユコユコです。超アウトドア派の夫と、川や公園で遊ぶのが好きな娘2人と暮らしています。
アウトドアスポットや、家族で楽しめるお出かけスポットなどを発信していきます! お休みの日やご家族でのお出かけに、ぜひご活用ください。

WEBフレンド一覧