甘くて、かわいい お手軽串スイーツ

2020年7月17日

リビング編集部

片手で手軽に食べられて、写真映えする串スイーツ。
テイクアウトもできる和洋さまざまなスイーツが人気です。

みたらし団子がパンダに変身

米粉と餅粉を配合したモチモチ食感は、団子好きの店主のこだわり


思わず写真を撮りたくなる「ぱんだんご」(170円)。パンダにちなんだ竹炭パウダーで描いた顔は、焼き上げることで香ばしさがアップするそう。団子そのものを味わうため、タレは控えめな甘さに。タレを顔に付け「日焼けぱんだ」にして食べるのが店のおすすめです。

ぱんだの散歩

京都市上京区下横町202
TEL:090(8652)4220
木・金・土曜の正午〜午後5時(売り切れ次第終了)
日〜水休
http://www.pandanosanpo.com/


インパクト大!のかわいいイチゴあめ

練乳やチョコがけも可能(トッピングはプラス50円〜)


大粒のイチゴをぜいたくに使った、祭りの屋台の味を思わせる「いちごあめロング」(600円)。外のあめはパリッと、イチゴはみずみずしくジューシーです。この夏から、イチゴを凍らせたシャリシャリのタイプも選べるように。ショートサイズ(400円)もありますよ。

いちごスイーツ専門店 StrawberryQueen

京都市中京区石橋町14-14
TEL:080(1508)8092
正午〜午後8時
無休


生麩が主役の和スイーツ

生麩の表面を焼き上げているので外は香ばしく、中はふわっとなめらか


生麩(ふ)がカジュアルな和スイーツに! 「抹茶きなマロあんbar」(500円)は、かぼちゃを練りこんだほんのり甘い生麩に、和三盆を混ぜた抹茶きな粉をコーティング。同じ和素材の甘栗、つぶあんとの相性も抜群です。生麩の新たなおいしさに気づけそう。

京生麩のお店 愛麩-MANAFU-

京都市左京区岡崎西天王町97-2 「平安神宮 京都・時代祭館 十二十二(トニトニ)」内
TEL:075(585)5351
午前10時〜午後6時
無休
http://www.manafu.jp/


アイス感覚で味わうわらび餅

ユズ皮を練り込んだ「京都水尾柚子」味は爽やかな香りが口の中に広がります


冷凍されたひんやり冷たいわらび餅は、暑い季節にぴったり。「串わらび」(270円)は時間経過で食感が変わるため、外はもっちり、中はシャーベットのような食感も楽しめます。全解凍すればぷるぷるのわらび餅に。好みの柔らかさで召し上がれ。味は全7種。

京西陣 菓匠 宗禅 西陣本店

京都市上京区寺之内通浄福寺東角中猪熊町310-2
TEL:075(417)6670
午前10時〜午後6時
月・火休(祝日を除く)
https://souzen.co.jp/


ケーキのような華やかショコラ

味は全15種。しっかりした甘さと軽い口溶けは、コンパクトながら満足感あり


さまざまな素材がチョコバーに。「スティックショコラ」(540円)の中でも「チーズケーキ」味は、サクサクのアーモンド生地をチーズ風味のホワイトチョコレートで包んだ濃厚な一品です。ドライオレンジの酸味で後味さっぱり。見た目も華やかでプレゼントにも喜ばれそう。

ベルアメール 京都別邸 三条店

京都市中京区三条通堺町東入ル桝屋町66
TEL:075(221)7025
午前10時〜午後8時
不定休
https://www.belamer-kyoto.jp/


(2020年7月18日号より)