• HOME
  • WEBフレンド
  • 様々なイルミネーションを楽しめる 京都駅ビル「光のファンタジー」

様々なイルミネーションを楽しめる 京都駅ビル「光のファンタジー」

WEBフレンド
大好チヨ子

プロフィール

2021年12月6日 

12月に入り、年末年始の準備で忙しくなってきますが、このなんだか気ぜわしい日々も私は嫌いではないのです。クリスマスの飾り付けやグッズを眺めると、幾つになってもウキウキします。

中でも「京都駅ビル」は、私のクリスマス気分をぐんと高めてくれるスポット。電車の乗り換え時に立ち寄るのが恒例行事になっていて、先日も帰宅途中に現在開催中のイルミネーション「光のファンタジー」の会場を一回りしてきました。(2022年3月27日まで開催)

JR京都駅の中央改札口前から京都駅ビルに入り、左手方向を見上げると、リボンのような光が見えるので、それを目指してエスカレーターで5階まで上がりました。

駅入り口入ってすぐ、左手にあるエスカレーターで上がれます

下から見えていたリボンのようなライトアップは4階「烏丸小路広場」の壁面の物で、そばに近寄ると大きく堂々と光り輝いていました。その広場の北側から、煌々と輝く美しい京都タワーも臨めるので、写真撮影を楽しむ人もいました。

更に7階「東広場」まで上がると…
そこは光が満ちて、煌びやかな世界が広がっていました。三方に建つビルの壁面全体に、クリスマスらしい模様がクルクルと回転しながら映し出され、沢山の電飾で樹々やベンチが飾られ、眩い幻想的な世界が広がっていたのでした。

エスカレーターを上ると広がる東広場

ビルの壁面の投影は、時間によって変化するので、クリスマスの絵柄のほかに、四角い図形や花のようなモチーフなど、しばらく見ていると、様々なバリエーションのものが映し出され飽きることがありません。

雪の結晶などクリスマスらしい演出
水玉模様が動く演出

設置されていたテーブルやスイカ程の大きいボール型ライトは、放っている光の色が移り変わり、それを眺めている人々の顔も明るく楽しい雰囲気に包まれていて、なんだか温かい気持ちになれました。

ところどころに光るオブジェが設置されている

同じく「東広場」の一角。ゴールドに輝くイルミネーションが華やかに飾り付けられ、コーナーごとに違った雰囲気を楽しめました。遥か向こう側にある大階段のイルミネーションも見えます。

遥か向こうに見えるは、ビル西側の大階段のイルミネーション

「東広場」からさらにエスタレーターで上階へ…。駅ビルの中でも私の一押しスポット「空中経路」へと進みました。「空中経路」からは、京都の市内も見渡せるので昼間に通るのもお勧めなのですが、トンネルのように光るイルミネーションと共に京都の夜景を眺められるのも良いですね。

長く続く経路が、光のトンネルのよう

「空中経路」のライトアップ演出は30分1サイクルで、少し近未来的な空間の中を通るのが楽しいです。

夜景の見える窓辺に、スケジュールが設置されていました

「空中経路」をそのまま歩き続けると、伊勢丹の7階「ラーメン小路」に行き着きます。通過して再び外に出ると、お馴染みの「大階段」に到着しました。
「大階段」は、季節ごとの演出があるのですが、現在は15時からイルミネーションが始まり、クリスマスをテーマにした光の演出が楽しめます。

15000個のLEDライトの光の演出はかなり見ごたえがあり、どんどん変化してゆくのを、いつも夢中になって見入ってしまいます。時折人が通過するのですが、その影がライトの中の影絵のように移動してゆくのも、とても面白いですね。

階段向かって右手の壁に、演出のプログラムが貼ってあります

「京都駅ビル」を一回りすると、短時間の間に様々なイルミネーションを一度に見て回ることができます。近場で手軽に、クリスマスの気分をたっぷり味わえる「光のファンタジー」、期間中何度か行きたいと思っています。

中央コンコース、地下1階のイルミネーション

京都駅ビル「光のファンタジー」

京都市下京区東塩小路町901
TEL:075(361)4401
https://www.kyoto-station-building.co.jp/events/962.html
開催概要はHPから確認を

プロフィール

大好チヨ子

在住エリア:京都市西京区
メインテーマ:博物館などのアートイベント/パン屋さん
子育てを終えて、ようやく京都歩きを楽しめるようになりました。知識がない私でも「楽しい!美味しい!美しい!面白い!」と感じたり「知っていたらお得」な情報をゆる~く伝えてゆきたいです。趣味はドラム演奏と、博物館ボランティア。

WEBフレンド一覧