• HOME
  • WEBフレンド
  • 家庭の食品ロス削減レポート①「見切り品でお得においしい晩ごはん」

家庭の食品ロス削減レポート①「見切り品でお得においしい晩ごはん」

WEBフレンド
ユコユコ

プロフィール

2021年10月11日 

こんにちは。ユコユコです。

10月は「食品ロス削減月間」です。

今回、京都リビング新聞社と京都市がタイアップし、食品ロスを減らす取り組みを行っていくということで、WEBフレンドの私も「家庭の食品ロス削減レポート」に参加しています。

私はこれまで、すぐに食べる予定があっても、陳列棚の奥にある消費期限の長い食品をあえて選んでいました。なぜかというと、子どもたちの気分で献立が変わることも多く、結局使いきれずに家で処分するというのを避けたくて、ついつい…という感じです。

でも皆がこうやって奥から食品と選ぶと、消費期限の短い手前に陳列されている食品が残り、最終的にお店での食品ロスに繋がってしまいます。「自分さえ食品ロスを出さなければいい、それはちょっと考え直さなきゃいけないな」と、日々思っていました。

そこで私は、食品ロス削減月間に合わせて、以下の食品ロス削減にチャレンジします!

  1. 『てまえどり』を意識して購入する
  2. 『見切り品』を積極的に購入する

早速10月1日より2週間の目標で、実践を始めています。

見切り品でお得においしい晩ご飯

チャレンジ初日。『てまえどり』と『見切り品』を意識して、スーパーで買い物してきました。

今まで「すぐに使い切る自信がないから」と、あまり見なかった『見切り品』コーナーを見ると、サワラが半額ではないですか!

実はサワラは私の大好物。でもわが家の子どもたちはあまり魚を好まず、お値段との兼ね合いもあって、あまり食卓に上がりません。

その普段ならためらってしまう部分を、半額シールが後押ししてくれて「よし!この価格なら今晩はサワラにしよう!」と思いきれました。思わぬ見切り品効果です。

また練り物製品が、軒並み見切り商品価格に。朝晩冷え込むようになってきたので、身体の温まるおでんが手軽に作れそう、と嬉しくなります。

この日のお買い物は、通常価格なら1,900円くらいですが、見切り品なら1,300円ほどに収まりました。チャレンジ初日の『見切り品』買いでは、思わず宝探しのような気分になり、意気揚々と帰宅しました。

というわけで、その日の夜のメニューです。見切り品の鰆やなす、水菜、そして同じく見切り品のサラダパックを使用しています。

ひさひざに食べたサワラはおいしく、子どもたちも魚にチャレンジできる有意義な夕食となりました。

さて見切り品の練り物はというと、購入当日におでんの下準備をしました。そう、こうやってすぐに料理すれば、わざわざ奥から消費期限の長い食品を選ばなくて良いのですよね。冷凍保存がきく食材や下準備に時間をかける料理なら、見切り品を活用するのも良さそう。

日々の暮らしの食品ロス削減は、意識改革が重要だなと初日から感じました。

見切り品とてまえどり、まだまだ実践中!

初日だけで「意識を変えることが重要だ」と感じた、私の食品ロス削減チャレンジ。これからが自分でも楽しみです。

この2週間、いつもより食品ロス削減を意識して『てまえどり』と『見切り品』買いを実践します。

京都市食品ロスゼロプロジェクト

http://sukkiri-kyoto.com/

プロフィール

ユコユコ

在住エリア:宇治市
メインテーマ:アウトドア/家族でお出かけ(公園・川遊び・BBQなど)
アウトドアが好きなユコユコです。超アウトドア派の夫と、川や公園で遊ぶのが好きな娘2人と暮らしています。
アウトドアスポットや、家族で楽しめるお出かけスポットなどを発信していきます! お休みの日やご家族でのお出かけに、ぜひご活用ください。

WEBフレンド一覧