桂坂のツツジ散歩道

WEBフレンド
大好チヨ子

プロフィール

2021年4月23日 

京都市内には四季折々の花の名所があり、例年ならばそれを目指してゆくこともありますが、それもままならない日々が続いています。けれど、自然は変わらず春を告げ、花々はいつもと変わらぬ美しさで私たちを癒してくれています。

イベントが無くなることで、私は、自宅の庭やいつもの通勤ルートなど、身近な自然のすばらしさに気付くことも多くなりました。

京都市西京区の桂坂には約1kmの遊歩道があります。ここは「東海自然歩道」のルートの一部。ツツジが植えられていて、この季節とてもきれいなんです。

4月21日に散歩してきました。(写真はすべて4月21日時点のもの)

スタート地点の看板

スタート地点は、桂坂中央のロータリーから少し北へ上がったところ。東海自然歩道の看板が目印です。看板の赤丸が現在地。案内に従ってここから苔寺方面へ歩いていきます。

大枝山古墳群の解説板。遊歩道沿い、北側にあります

しばらく歩くと左手に「大枝山古墳群」の解説板が見えてきました。
実は遊歩道のそばに古墳があるんです。「大枝山古墳群」には現在も13基の古墳が保管されているそうです。(通常非公開)

遊歩道からみた「桂坂公園」北側の入り口

さらに進むと「桂坂公園」北側の入口が見えてきました。
この公園も周囲をツツジの樹に囲まれていて、絶好のツツジスポット。日当たりの良いところは開花していましたが、この日はまだ2分咲き程度だったので見ごろまでもう少しといったところでした。

公園に入ってすぐの植え込み。こちらのツツジは満開でした

青空とピンクのコントラストは、色鮮やかでキラキラ輝いて見えました。

遊歩道に沿って水路が続いています

公園のツツジを楽しみ、再び遊歩道に戻ってきました。今度は新緑の軽やかなグリーンが待っていました。木陰がしばらく続くこの辺りで小休止すると良いですね。

歩いてきた遊歩道を振り返ってみた風景。写真左手がもうひとつの公園

桂坂公園の先にもうひとつ公園があります。このあたりまで来ると視界が開けてきました。
桂坂は京都市内より少し小高いので、視界が開けると少し山を登ったような気分が味わえました。

遊歩道の出口付近

道中、何種類かのツツジが見られ、少し早めに開花するキリシマツツジは満開でした。

峰ケ堂町1丁目バス停付近

太い道路に突き当り、ここまでで約1㎞。ゴール地点はこの看板が目印です。

そして、ここから右手(南方面)に「峰ケ堂町1丁目」のバス停もあります。自宅から歩いて来ることもできますが、暑くなるこれからの季節、バス路線も近いこの界隈は無理なく歩けて良いですね。

桂坂公園

京都市西京区御陵大枝山町4丁目9

プロフィール

大好チヨ子

在住エリア:京都市西京区
メインテーマ:博物館などのアートイベント/パン屋さん
子育てを終えて、ようやく京都歩きを楽しめるようになりました。知識がない私でも「楽しい!美味しい!美しい!面白い!」と感じたり「知っていたらお得」な情報をゆる~く伝えてゆきたいです。趣味はドラム演奏と、博物館ボランティア。

WEBフレンド一覧