桜が楽しめるお気に入りの散歩道

WEBフレンド
トモリロ

プロフィール

2021年3月29日 

春らしい天気に誘われ、お使いの帰りに遠回りをしてお気に入りの散歩道を通ってみました。桜はもう咲いているかな?

訪れた日(3月23日)は、まだ桜はチラホラ咲きでした

太秦安井にある「京都市右京ふれあい文化会館」の前の歩道です。会館の入口に向かってゆるやかにカーブするこの歩道が普段から好きなのですが、桜の季節にはひときわ心躍る散歩道となるのです。

歩道の脇にズラリと並んだ桜の老木たちが歩道の上を覆うように枝を広げています。満開の時期には、見上げると視界がすべて桜!まさに桜のトンネルです。
住宅地の中に現れた桜の園、といった風情で毎年感動させてもらっています。

そして横に目をやると、そばを流れる小川の川面にも桜の枝が垂れ下がり、しっとりと美しい姿も見せてくれるのです。

桜の向かい側にはハナミズキも植えられています。ハナミズキの方が桜よりも一足早く花を咲かせるのですが、運が良ければハナミズキの白い花と桜の花との競演も楽しむことができます。

実は足元にもお気に入りのポイントが。ハナミズキの樹の根元です。
ちょっと面白いデザインですが、よく見ると映画のフィルムになっています。太秦は日本の映画製作の中心地として栄え、この場所にも映画の撮影所があったことから、それにちなんでデザインされています。

会館西側の小道を歩道側から見たところ。奥には桜並木が見えます。

市バスの「右京ふれあい文化会館前」停側から歩道を歩いていくと、会館西側に歩道から分かれる小道があります。会館の裏手をグルっと回ってスタート地点に戻って来る道なのですが、実は桜並木はこの小道まで続いています。

会館裏手の並木道

会館前の歩道に比べると枝ぶりは控えめですが、のどかで広々とした桜並木となっていて、この道も通らずにはいられません。ベンチもあり、地元の人たちの密かな人気スポットとなっています。

もう少し暖かくなったら、家族を誘ってもう一度訪れてみようかな。

太秦安井の桜並木

京都市右京区太秦安井西裏町 「京都市右京ふれあい文化会館」前

国道162号線(天神川通り)と新二条通りとの交差点を東へ。市バス「右京ふれあい文化会館前」停からすぐの場所です。

プロフィール

トモリロ

在住エリア:京都市右京区
メインテーマ:野菜作り/食文化
京都生まれの京都育ち。外国人の夫と二人で小さな飲食店を営んでいます。趣味は、畑。美山に通って有機野菜を作っています。
畑には誰かに聞いてほしくなる発見がいっぱい。そんな畑ばなしや、食にまつわるアレコレを中心に発信します。

WEBフレンド一覧