京都の和菓子に新しい風 変化球あんこスイーツ

2020年9月2日

シティリビング編集部

甘いもの好きを魅了する「あんこ」。
家や職場など、日常にほっとする時間をくれる〝変化球〟スイーツを紹介します。

撮影/武甕育子

香ばしい皮にこだわりあり!食べ比べも楽しい、もなか

(左手前)「種実 胡桃(クルミ)」、(左奥)「種実 落花生」、(右)「種実 扁桃(アーモンド)」(各216円)。もなか種が、ナッツそれぞれの形をしているのもキュート


6月オープンのもなか専門店。注目は、北海道産小豆を使ったあんとナッツを合わせた3種。キャラメリゼしたクルミ入り、コクのあるアーモンドバター入り、程よい塩気がアクセントのピーナッツバター入りがあるので、食べ比べがおすすめ。もなか種(皮)には、滋賀県産羽二重のもち米に砕いたアーモンド、クルミ、カシューナッツが練り込んであるとか。香ばしく、パリッとした食感が楽しめます。
「種実 胡桃」「種実 落花生」「種実 扁桃」/種嘉商店 京都最中

種嘉商店 京都最中

京都市中京区車屋町通二条下ル仁王門突抜町317
TEL:075-201-3016
11:00〜17:00
木金土休
地下鉄「烏丸御池」駅から徒歩約3分



のせて焼くと、とろ~り 薄いシート状のようかん

厚さ2.5mm、食パンサイズの「スライスようかん 小倉バター」(2枚入り・540円)。トーストして、ようかんがグツグツとしてきたら食べごろ。熱々なのでやけどに注意を


忙しい朝も、のせて焼くだけ。老舗の京菓子店が考案した、進化系のようかんです。丹波大納言小豆のようかんがシート状にスライスされているから、チーズをのせる感覚で簡単に小倉トーストが出来上がります。熱であんが溶けると、とろ~っとした状態に。沖縄の塩を利かせたバターようかんと、ケシの実のトッピングがアクセント。
「スライスようかん 小倉バター」/亀屋良長

亀屋良長

京都市下京区四条通油小路西入ル柏屋町17-19
TEL:075-221-2005
9:00〜18:00(茶房/11:00~17:00)
無休
地下鉄「四条」駅から徒歩約9分



チョコレートとコラボした しっとり食感の焼き菓子

「ぜんざいショコラ・リッチ」(1本1,280円)。切り分けると、断面にあずきの粒々が現れます


製餡(あん)所が手掛けるスイーツショップで定番人気というこちら。ベルギー産のクーベルチュールチョコレートに十勝産小豆を加えた、しっとり食感のケーキです。口に運べば、この二つの相性の良さにびっくり。チョコの味が勝ってしまわないように濃縮タイプのぜんざいを使用するなど、さまざまな工夫がされているとか。小麦粉を使用しない、グルテンフリーというのもポイント。
「ぜんざいショコラ・リッチ」/都松庵

都松庵(としょうあん)

京都市中京区堀川通三条下ル下八文字町709 都壱番舘三条堀川1階
TEL:075-811-9288
10:00〜18:30
第1水休(月により第2)
地下鉄「二条城前」駅から徒歩約6分



やわらかく、のど越しの良い トロトロ食感のわらび餅

国内産黒大豆からひいたという、黒豆きな粉が香ばしい「飲めるほどに柔らかいわらび餅」(324円)。持ち上げると、そのやわらかさが分かります


仁和寺近く。住宅街にひっそりと立つ和菓子店で見つけたのが、このわらび餅。弾力がありながらもトロトロ~っとした食感で、飲めてしまいそうなほどやわらか。中には口当たりが良く、舌触りもなめらかなこしあんが。上品な甘さで、もう一つと手が伸びそう。聞けば、店主は笹屋伊織で修業後に独立。職人ならではの技が生かされた、繊細な味わいを気軽に。
「飲めるほどに柔らかいわらび餅」/御室和菓子いと達

御室和菓子いと達

京都市右京区龍安寺塔ノ下町5-17
TEL:075-203-6243
10:00〜18:00
水日休
地下鉄「今出川」駅下車、市バス「烏丸今出川」停から59号で「塔ノ下町」停下車、徒歩約2分



口の中で〝宇治金時〟に!?小倉クリーム入り抹茶大福

「抹茶大福」(1個220円)。口の中で、抹茶と粒あん入り小倉クリームのハーモニーを堪能して


やわらかな餅の中には、濃厚な生クリームに丹波大納言種の粒あんを混ぜ込んだ、小倉クリームがイン!このクリームを包む大福とあんには、宇治の抹茶問屋から直接仕入れたという、高級抹茶をたっぷりと使用。抹茶の風味が豊かで、クリームとしっくりなじんでいるのも魅力です。半分ほどガブっと大胆にかじって、口の中で〝宇治金時〟を完成して。
「抹茶大福」/京菓子司 山科わかさ屋本店

京菓子司 山科わかさ屋本店

京都市山科区東野中井ノ上町7-52
TEL:075-591-2069
8:30〜19:00
水休(祝営業)、不定期に火休
地下鉄「東野」駅から徒歩約7分


(記事元:「シティリビング京都」2020年8月28日号)