ホーム > > 特集:ファッション・雑貨 > 太って見えない着こなし方

太って見えない着こなし方

「痩せることをあきらめてはいないけれど、ひとまず今は〝太って見えない〟ようにしたい!」。それなら、服の着こなし方を工夫してみませんか。目の錯覚を上手に利用した、スッと見えるコーディネートを紹介。どんな体形の人でも役立ちますよ。

教えてくれたのは

エスモードジャポン京都校
ファッションビジネス
チーフコーディネーター
十三千鶴さん

2色のコントラストでスタイル良く

カーディガンの中は上下同系色にそろえるのがコツ。チェック柄のパンツで、今年流行のトラッドスイルに
取り入れたのは、バイカラー錯視
コントラストのはっきりした2色を組み合わせたときに起こる錯覚。面積が同じAとBの長方形を2色で分割すると、Aよりも、縦に分けたBの方が細長く見えます。

黒いチュニックに、青色のロングカーディガンを重ねたこちらのコーディネート。

エスモードジャポン京都校の十三(じゅうそう)千鶴さんは、「バイカラー錯視を取り入れるときは、色のコントラストを意識しましょう。白と黒のように、違いがはっきりした2色を組み合わせるのがポイントです」と話します。

さらに、ロングカーディガンが縦のラインをつくり出すのでスタイルが良く見えるとのこと。今年らしさを出すなら、モヘア素材のロングカーディガンがおすすめだといいます。

「『着ぶくれしそう』と敬遠されがちなモヘアも、バイカラー錯視を意識すれば、すっきりと着こなせますよ」

カーディガンだけではなく、ロング丈のコートでも応用できます。

足をほっそり見せるなら、広がりのあるスカートを

シャツにニットを重ねてかわいらしさを表現しつつ、ハリのあるスカートで大人らしさも意識
取り入れたのは、ジャストロー錯視
下の辺の長さは同じ、上の辺の長さは異なるAとBの台形を比較。Bの方が、下の辺は短く見えます。Bの上の辺が、Aよりも長いことによる錯覚です。

スカートの裾の幅を台形の上の辺、足の幅を下の辺と考え、ジャストロー錯視を活用。

「タイトスカートよりも、裾の広がったAラインのスカートの方が足を細く見せてくれます。素材にハリがあると、体の線が出にくいのでより効果的。光沢のある素材とシャープな線が特徴のタフタスカートも流行していますね。丈は少し長めだと上品な雰囲気になります」

柔らかな布のフレアスカートでもOK。寒いときはタイツをはいてもいいそうです。

「上にはシャツと薄手のニットを合わせました。スカートに広がりがある分、トップスはすっきりしたものを選ぶといいでしょう」

ファッション・雑貨 バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ