ホーム > > コレ読んで!

コレ読んで!

京都の中華

姜尚美 京阪神エルマガジン社・1470円

京都の中華

おいしそう!だけでは終わらない
中華料理が教えてくれる京都とは

京都人も、よそから移住してきた人も口をそろえて「京都の中華」は独特だといいます。あっさりとした味付け、地の食材でアレンジしたメニュー、のれん分けでひろがるシステム。本書はそんな京都の中華料理店の数々を紹介するガイドブックであるだけなく、その在り方から、京都らしさとは何かを問う都市論でもあります。

拡大よりも長く続けることを良しとし、その結果親子三世代にわたって通い続ける家もある外食文化は、ある意味、寺社仏閣や伝統産業よりも、住む人にとってはよほど身近な京都らしさかもしれません。もちろん難しいことを抜きにして、眺めているだけでおなかが鳴る1冊でもあります。

【紹介者】
恵文社一乗寺店 堀部篤史さん

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ