• HOME
  • WEBフレンド
  • 御所西で見つけたパン屋「ばく食堂&手作りパンの購買部」へ

御所西で見つけたパン屋「ばく食堂&手作りパンの購買部」へ

WEBフレンド
大好チヨ子

プロフィール

2021年12月27日 

京都市内散策の折、私はいつも遠足のようにコースを仕立て、近場のパン屋さんにも立ち寄ります。
ある日、目的地周辺地図を隈なく確認していると、制覇したはずのエリアに「ばく食堂&手作りパンの購買部」という見慣れぬ名を発見!いつの間に出来たの?と思いつつ、学食でカレーを作っているおばちゃんや購買部の菓子パンが並ぶパン箱などをイメージし「今日はここに決めた!」と出かけました。

御所向かいの御王神社の角を曲がった数分のところにお店を発見!

店内に入ると、パンが…パン箱ではなく、ショーケースの中に行儀よく並んでいました。

どれも少し小ぶりで、130円~160円くらいの価格帯のものが多く、いろいろな種類のパンを食べたい私は、その後何度か通うようになりました。

今回買ったのは食パンや菓子パンなど。食パンも普通サイズの物以外に、丸い小ぶりのがあるので、買いやすくて良いですね。ピスタチオや栗のホイップクリームドーナツはクリームたっぷりです。

丸い食パン・栗のホイップドーナツ(マロンクリーム&ホイップ)・ピスタチオクリーム

こちらのアンパン、菓子パンのふわふわ生地と異なりしっかりした噛み応えがあります。食パンの生地で焼かれているため、表面がパンの耳のような食感になるのだそうです。なるほど!いつも香ばしくて美味しいなぁと思っていたのです。

右上から時計回りで、クリーム・カレー・ホイップドーナツ・きび糖のドーナツ・安納芋アンパン

個人的に、特におすすめなのがホイップクリーム入りのパン。ご覧のように、クリーム(カスタードとホップ)がぎっしり入っています。

ホイップクリームが、隙間なく入っています

店前の黒板に書かれていたメニューもなんだかおいしそうだったので、別日に食堂のランチもいただきました。……そして、見事に学食のイメージを裏切られました。野菜たっぷりでカラフル、一口サイズのデザートまで付いてお腹いっぱい♪

「チキンのおろしゆずポン酢(ミニデザート付き)」950円

また、店内の調度や小物がノスタルジックな雰囲気を醸しだしていて素敵なので、お料理が運ばれてくるまでの間も居心地よく過ごせました。

カウンター席からは、お店の御主人バクさん(あだ名)が一生懸命調理されている後ろ姿が見えました。できあがってきたお料理はアツアツで盛り付けも美しく、お野菜の旨味があって大満足!

お店の方々童話の中のパン屋さんを思わせる雰囲気で、笑顔の素敵なお姉さんたちでした。

「ばく食堂&手作りパンの購買部」は、私が頭の中で描いていたイメージ何倍も素敵なお店でした。また一つ、お気に入りパン屋さんが増えたのでした。

お店の方々のベレー帽姿がとてもキュート

ばく食堂&手作りパンの購買部

京都市上京区室町下長者町下る近衛町25番地
TEL:075(354)6848
https://www.instagram.com/bakushokudo.pan/
営業時間等は公式SNSから確認を

プロフィール

大好チヨ子

在住エリア:京都市西京区
メインテーマ:博物館などのアートイベント/パン屋さん
子育てを終えて、ようやく京都歩きを楽しめるようになりました。知識がない私でも「楽しい!美味しい!美しい!面白い!」と感じたり「知っていたらお得」な情報をゆる~く伝えてゆきたいです。趣味はドラム演奏と、博物館ボランティア。

WEBフレンド一覧