• HOME
  • WEBフレンド
  • グラフィックアートって面白い!京都dddギャラリー

グラフィックアートって面白い!京都dddギャラリー

WEBフレンド
大好チヨ子

プロフィール

2021年4月23日 

専門的に学んだわけではないのですが、現在、手描き文字やイラストで商品の紹介などをするPOPライターという仕事をしています。ですから、ポスターのデザインなどにとても興味があります。

あるとき、右京中央図書館近くで「京都dddギャラリー」という、ポップなデザインのポスターに惹き付けられ、興味津々で道案内に従って行ってみました。

たどり着いたのは「大日本印刷」さん。会社のビルのようですが…

けれど、表にはれっきとした現代アート作品が!

そして入り口に行くと、こんなところに綺麗なギャラリー発見‼ 

ギャラリーの大きなガラスに、dddのマークと展示タイトルがデザインされていて、ガラスに写りこんだ風景と相まってとても素敵。正面のオブジェも映っていますね。企画展のフライヤーと同じデザインになっていて、ここは私のお気に入りスポットです。

大日本印刷さんの文化活動を担うギャラリーなので、こちらではグラフィックデザインとアートにまつわる企画展が開催されます。訪れた時は、ヘルムート・シュミットさんの回顧展で「タイポグラフィ」と呼ばれる作品が展示されていました。

お名前も、タイポグラフィというものもこの時初めて知ったのですが、展示品の中、日常見かける飲料や化粧品のパッケージデザインも見受けられ「このパッケージの文字はこの方の作品だったのか。こんなに試行錯誤しながらデザインの工程を経て商品になっていたんだな。」と驚かされました。

タイポグラフィは、すごく簡単に言うと「適切なフォント種類を選んで読みやすく美しく文字を配置すること」だそうです。(帰宅後調べました)

改めて作品として文字を見てみると、私たちの身の回りの商品パッケージも、文字は商品情報を伝えるだけでなく、美しく配列されていたり印象に残るように工夫を凝らされているのだなと気付きました。

文字だけで構成された年賀状や、同じ文字を様々な配列や濃淡で表現したりしている作品が、面白く感じられたり無機質な雰囲気になったり…。文字ってすごく効果的に使えるものなんですね。

グラフィックデザインは、私たちの日常生活と密接にかかわったアートです。作品として拝見すると、今まで何気なく手に取っていた商品も、改めて隅々まで眺めてみたくなって、日常生活が楽しくなる気がしました。

※写真はすべて許可を得て撮影させていただきました

京都dddギャラリー

京都市右京区太秦上刑部町10
TEL:075(871)1480
https://www.dnpfcp.jp/gallery/ddd/

プロフィール

大好チヨ子

在住エリア:京都市西京区
メインテーマ:博物館などのアートイベント/パン屋さん
子育てを終えて、ようやく京都歩きを楽しめるようになりました。知識がない私でも「楽しい!美味しい!美しい!面白い!」と感じたり「知っていたらお得」な情報をゆる~く伝えてゆきたいです。趣味はドラム演奏と、博物館ボランティア。

WEBフレンド一覧