ホーム > > コレ読んで!

コレ読んで!

和家具をたのしむ

山本明弘 洋泉社・1836円

椅子やちゃぶ台、たんすに本箱。〝和家具〟の魅力、案内します

江戸時代からあるたんすや文机、明治ごろから輸入されてきたものを和風にアレンジした椅子やデスク、大正・昭和を経て生まれた、ちゃぶ台や本箱(本棚)、小引き出しなどの「和家具」。それぞれの時代で、職人が腕をふるい作ってきた家具は今なお、その木のぬくもりや美しさで私たちの生活を彩ってくれます。

著者の山本さんは、東京の下北沢で和家具を中心として扱う山本商店の3代目。本書では、それぞれの家具の由来、材質や金具などの細部にわたる説明はもちろん、日々の暮らしの中での、また個人ごとの自由な発想での和家具の使い方を教えてくれます。この本を片手に、自分に合う和家具を探してみてください。

【紹介者】
古書ダンデライオン 中村明裕さん

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ