ホーム > > コレ読んで!

コレ読んで!

はじめて好きになった花

はらだみずき 祥伝社文庫・562円

赤々と咲く彼岸花が思い出させた 中学生時代の初恋の記憶

4作のラブストーリーが収められた本書。表題作は、出版社で「野の花」の図鑑の担当になった編集者の物語です。

ある日、「きれいな花を見つけたから、見に行こう」と娘に誘われ散歩にでかけた公園に、赤々と咲いていた彼岸花。中学時代、隣の教室で偶然出会った少女への初恋を、ふと思い出した。

少女のあるうわさを聞いて、縮まりかけていた距離を断ち切った。そんな初恋の思い出と重なったのが、シビトバナという別名があることを知ってから、いつしか避けてしまうようになった彼岸花。

好きになったものは、何を言われようと好きでいたい。そんな想いも感じさせる短編集です。

【紹介者】
大垣書店四条店 小林素紀さん

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ