ホーム > > コレ読んで!

コレ読んで!

「神戸、書いてどうなるのか」

安田謙一 ぴあ・1620円

映画や音楽、さまざまな角度から
街を捉えた“神戸案内”

海と山に挟まれ、すがすがしい風の吹く街・神戸。電車で1時間程度の距離にありながら、京都とは少し違う文化を持つかの街を“ロック漫筆家”の肩書きを持つ著者がつづった異色の神戸案内。

居酒屋に映画館、寿司屋に古墳、高架下の中古レコード店。紹介されるスポットは有名無名を問いませんが、特徴的なのは語り口。生まれ育った神戸で重ねた“時間”と、カルチャーの知識を“オチ”“しゃれ”として織り込む名調子は書き手ならでは。失われた場所への切ない回想、スクリーンやポピュラー音楽を通して見た街の姿も多角的に紹介。神戸を知りたくて手に取ると音楽や映画にも興味を移す、珠玉のエッセー集です。

【紹介者】
誠光社 堀部篤史さん

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ