ホーム > > コレ読んで!

コレ読んで!

ゆめみの駅 遺失物係

安東みきえ ポプラ社・1512円

「おはなし」をなくした主人公が〝遺失物係〟で出合う、数々の物語

なくした「おはなし」を探しに、主人公が毎日通うゆめみの駅の〝遺失物係〟。ここには毎日「おはなし」の落とし物が届けられ、主人公はそこで数々の物語に出合います。ちょっぴり切なくて、でも温かい不思議な物語たち。忙しい日常の中で、つい忘れてしまいがちな大切なことを思い出させてくれます。

その中でも、駅員さんの「どんなすばらしい未来も、だれかが夢見ないことにははじまりません」という言葉にはっとさせられました。どんなに毎日が忙しくても「夢見ること」は忘れちゃいけないなと心に刻んだのでした。美しくてやさしい表紙の装画と本文の挿画も物語に花を添えていて、手元に置いておきたくなる一冊です。

【紹介者】
ことばのはおと 中村仁さん

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ