ホーム > > コレ読んで!

コレ読んで!

なんたってドーナツ 美味しくて不思議な41の話

早川茉莉 編 筑摩書房・842円

41人分のドーナツ話で1冊。読書のお供は、やっぱり…!

ドーナツにまつわる41編を集めた一冊。そう、あのドーナツです。まあるい穴のあいた。

世にアンソロジーブックは数多くあれど、ドーナツがテーマのものは今までなかったのではないでしょうか。そもそもドーナツだけで一冊にまとまるのか疑っていましたが、ページを開いてびっくり、これまでに多くの作家がドーナツについて書いていたことを知りました。植草甚一と村上春樹が同じ話をしていたりと、読書に明るい方にも十分楽しめる内容です。

編者の早川さんは京都在住の方で、それゆえに京都にゆかりある人が数多く寄稿しています。京都でのティータイムにふさわしい新しい本ができました。

【紹介者】
FUTABA+京都 マルイ店 鎌田裕樹さん

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ