ホーム > > コレ読んで!

コレ読んで!

聖なる酔っぱらいの伝説 他四篇

ヨーゼフ・ロート 岩波文庫・987円

1930年代のパリで起こった、“奇跡”の物語

これは、ヨーゼフ・ロートが自らの理想とする死への向かい方を小説に書き、まさにそのように生涯を閉じた直後に刊行された“自画像”ともいっていい作品です。

1930年代。パリのセーヌ川にかかる橋の下で、酒におぼれた浮浪者が年配の紳士から200フランを借りるところから話は始まります。もらうのではなく借りるという浮浪者の誇り、それがもたらす奇跡のような出来事、そしてその誇りを持った死への過程が語られていきます。

当時のパリの雰囲気はもちろん、西欧の宗教観なども垣間見えるこの物語。舞台は春のはずですが、12月になると思い出す、私には聖なる一冊なのです。

【紹介者】
エレファントファクトリーコーヒー 畑啓人さん

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ