ホーム > > コレ読んで!

コレ読んで!

書き出し「世界文学全集」

柴田元幸 河出書房新社・1575円

物語の世界への“入り口”が73作品分集まりました!

シェークスピアの「マクベス」からドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」まで。名翻訳者・柴田元幸が世界文学の名作の書き出し部分を、73編分訳しおろした書き出し文のショーケースのような一冊。試し読みができる、古典への入り口として使えることはもちろん、「源氏物語」のような日本の古典や、聖書のようなものなど、著者が普段訳す機会のない作品までてがけているのも読みどころ。時代も国も超えた名作の数々に、訳者による癖や個性はやどるのか。そんなことを考えながら読むのも楽しみの一つかもしれません。

くれぐれも本書だけ読んで、70以上の古典を読んだつもりにならないようお気をつけください。

【紹介者】
恵文社一乗寺店 堀部篤史さん

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ