ホーム > > コレ読んで!

コレ読んで!

国道沿いのファミレス

畑野智美 集英社文庫・577円

人は、自分ひとりだけの力で生きているわけではないのです

外食チェーンの正社員、佐藤善幸。身に覚えのない女性問題が原因で、実家のある地方の店舗へ左遷され、再始動することに。

何年たっても変わらない絆のある親友や、ほそぼそと看板を掲げる実家の電気店で店を守り続ける祖父、女性にだらしない父、それを見守る母の存在…。

それら全てが彼にとってはまさに、「今」会うべき人たちだったのではないかと感じました。自分に正直に生きようとすると、犠牲になる誰かの存在があります。決して自分ひとりの力で生きているわけではないのです。

これは、若者の今をリアルに描いた、人生のバイブルのようにさえ感じる作品です。

【紹介者】
大垣書店四条店 小林素紀さん

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ