ホーム > > コレ読んで!

コレ読んで!

日菓のしごと 京の和菓子帖

日菓 青幻舎・2100円

モダンでユーモアたっぷり 
これも和菓子⁉の発見あり

コンビニエンスストアで24時間スナック菓子が買える現代、若い世代には和菓子は親しみが薄いものかもしれません。

  ですが、それぞれに銘があり、花鳥風月を色と形で表現する和菓子に魅せられた、2人の若い和菓子作家がいます。それが京都で活躍する「日菓」。彼女たちによる作品集が刊行されました。

ようかんを時計形にくり抜いた「三時のおやつ」、くろやぎさんにかじられた封筒を模した「やぎさんゆうびん」、ハートの形を若葉マークにカラーリングした「結婚初心者マーク」など、モダンでユーモアにあふれた和菓子が満載。本書で、自分たちの世代なりに伝統を解釈する大切さを知ってください。

【紹介者】
恵文社一乗寺店 堀部篤史さん

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ