ホーム > > コレ読んで!

コレ読んで!

ファッションフード、あります。
はやりの食べ物クロニクル1970-2010

畑中三応子 紀伊國屋書店・2520円

ティラミス、スローフード
食の歴史を分析!

飽食の時代と呼ばれて久しい今、インスタントフードなどがあふれ、空腹感を知らない世代も増えているといいます。

生命を維持するための食が、豊かな社会の成立によって栄養を補給するためのものとなり、さらに大衆に経済的余裕が生じた結果、食べることが、ファッション性と情報を帯びてゆく。そんな日本の食を巡るトレンドと空騒ぎを、時代のメディアと世相、景気と共に分析する食の文化史です。

あんぱんに始まり、ティラミスにスローフードまで、浮き足立ったグルメ気取りは冷や汗もののクールな批評眼が痛快。ブックデザインも凝りに凝った、グルメな読書家も満足させる「おいしい」1冊です。

【紹介者】
紹介者 恵文社一乗寺店 堀部篤史さん

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ