ホーム > > コレ読んで!

コレ読んで!

窓の魚

西加奈子 新潮文庫・420円

その独特の世界観のなか、男女4人が過ごす一夜の物語

温泉宿で一夜を過ごす4人の男女。彼らは2組の恋人同士で、その旅は、それぞれに思いを抱えたものでした。

設定からして、いかにも殺人事件が起こるという雰囲気。1人が仲間が怪しいと気付き、独自で捜査を始めたところ、予想通り犯人が…というような展開を期待した始まりですが、実は!
 
西さんの文章の中には、類まれな世界観があるのです。ナツ、アキオ、ハルナ、トウヤマの4人の名前からも、それが感じ取れます。たった一夜の出来事が、まるで何年も何年も、ずっと旅館で過ごしているかのような錯覚さえ覚えます。最後まで静寂をたもった、非常にひきつけられる文章に圧倒されます。

【紹介者】
大垣書店四条店 小林素紀さん

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ