ホーム > > コレ読んで!

コレ読んで!

森に眠る魚

角田光代 双葉文庫・720円

母親たちは、“その先”に光を見いだすことができるのか

子どもが生まれてきたときはきっと誰もが、すごく幸せなはずです。それがなぜ、子どもと向き合ううちに、孤独を感じるようになるのか─。

「森に眠る魚」は、子育てを通じて出会った5人の母親の姿を描いた作品です。子どもたちの〝小学校お受験〟を通して、嫉妬や疑心、依存といったさまざまな感情がもつれあい、次第に、深く暗い森へ誘われるように、行く道を見失ってしまいます。そんな彼女たちは、自分の力で闘い、やがて光を見いだすことができるのでしょうか。

読み進めることが苦しくなるほど緊張感のある文章ですが、希望を見失わないようにというメッセージがこめられているようにも感じるのです。

【紹介者】
大垣書店 四条店 小林素紀さん

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ