ホーム > > コレ読んで!

コレ読んで!

一千一秒物語

稲垣足穂 新潮文庫・620円

秋の夜。月の色が、星の輝きが
いつもと違って見えてくる一冊

この文庫本は稲垣足穂の主な作品が網羅されていて、足穂という作家を知るにはうってつけの一冊。特にお勧めしたいのが表題作にもなっている「一千一秒物語」です。 童話のようなショートストーリーが70編も集められた作品で、「月から出た人」「星をひろった話」「月とシガレット」などタイトルからも分かるように、極上の大人のファンタジーが展開されていきます。 物語は、長いもので2ページ前後、短いものはほんの数行。最初から順に読む必要はなく、70のタイトルから好きな言葉を選んで適当に読み出すことをお勧めします。 月のきれいな秋の夜にぜひ読んでもらいたい一冊です。

【紹介者】
エレファントファクトリーコーヒー  畑啓人さん

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ