ホーム > > コレ読んで!

コレ読んで!

陰翳礼讃

谷崎潤一郎 中公文庫・525円

くまなく照らす電気を消して、闇が生み出す美しさを味わおう

この本は谷崎潤一郎の生き方やこだわりがよくわかるエッセー集です。

特に本書のタイトルにもなっている「陰翳礼讚(いんえいらいさん)」には、谷崎の日本文化への愛がよく現れています。

この中でいう「陰翳」とは、ろうそくや灯籠のような、小さな明かりがつくり出す陰影のこと。

谷崎は日本には昔から「陰翳」の中で美しさを楽しむ文化があり、漆器や日本女性や歌舞伎、さらに羊羹(ようかん)も、こうした「陰翳」の中で見ることで、より一層その美しさを理解できるといっています。

全てを明るく照らすことでなく、「陰翳」をつくること。「節電」が求められる今だからこそ実践したいですよね。

【紹介者】
エレファントファクトリーコーヒー 畑啓人さん

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ