ホーム > > コレ読んで!

コレ読んで!

小説を書く猫

中山可穂 祥伝社・1470円

猫のように哲学し、生活する― そんな小説家のエッセー集

著者が店にふらりと来られ、猫の話で盛り上がったときのことはよく覚えている。横浜から京都に引っ越されたこともあり、縁あって拙店を表紙の撮影に使っていただいた。表紙のほのぼのした雰囲気とは裏腹に中身は重くて深い。作家として、そして人とは違うセクシュアリティを持っているが故の苦悩や喜びが赤裸々に綴られていた。

そして何より著者の名作が生み出された背景には壮絶とも言える恋があり人生があった。それを乗り越えてきた著者にしか表現できない作品を、手に取らずにはいられなくなる。本書は小説家である著者の初のエッセイ集なのだが、著者そのものを知る入門書でもあるのだ。

【紹介者】
ことばのはおと 中村仁さん

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ