ホーム > > 特集:社会・生活 > 宇治川で涼みながら、散策を楽しんで

宇治川で涼みながら、散策を楽しんで

一つの駅を中心に、街歩きスポットを紹介する「ぐるり駅前シリーズ」。今回取り上げるのは、JR「宇治」駅かいわい。残暑が続く今の時季。宇治川のほとりで涼みながら、散策を楽しみませんか。

朝日焼の器とともに、宇治の景色とお茶をめでて

右から「宝瓶(ほうひん)」2万7000円、「湯冷し」6480円、「碗」 各4320円、「一輪生」7020円、「モーニングカップ」5400円

400年以上の歴史がある、宇治で生まれた朝日焼。そのショップが宇治川沿いに7月15日にオープンしました。器が展示・販売されているほか、イベントスペースや宇治川に面した茶室も。スタッフがいれてくれる宇治茶をいただきながら、宇治ゆかりの器やお茶に触れてみませんか。

朝日焼 shop & gallery
宇治市宇治又振67
TEL:0774(23)2511
午前10時~午後5時
月・毎月最終火休み(祝日の場合は営業して翌日休み)

使い勝手を重視した革製品を手作り

好みの革のボタンを三つ選んで作るブローチ(2480円)、マカロン形のレザーケース(1万800円)、バッグ(3万6720円~)など、さまざまなアイテムが店内に

「軽くて使いやすいものを」と店主がデザインし、手作りをしている革製品の店。大きなポケットが四つ付いている財布(3万3480円~)は1年2カ月待ちの人気商品!薄いのに大きく開くコインケース(2160円)やはっ水加工付きのキーケース(8640円~)も。財布や小物は好みの革を選んでセミオーダーできるものもあり。

Tiny Sprout(タイニースプラウト)
宇治市宇治妙楽28
TEL:0774(24)3525
午前10時30分~午後6時
火・水休み

いろいろな調理法で、野菜のおいしさに出合えます

おかずがいっぱい! この日のサラダはキュウリ、エゴマの葉、ズッキーニ入り。ドレッシングも手作りで、おかずは季節や仕入れ状況により変わります

こちらは、農薬を使わず育てられた地元の野菜などを中心に使った菜食料理の食堂。「おひるごはん」(1100円)には、車麩(ふ)のフライや自家製ぬか漬けといったおかずがたくさん。野菜をスパイスで味付けしたり、マリネにクスクスを入れてみたり。さまざまな工夫をして季節ごとの野菜のおいしさを引き出しています。

食堂 山小屋
宇治市宇治妙楽144
TEL:0774(25)6889
午前11時30分~午後6時ごろ(LO午後5時)
木休み、不定休あり

電車やバスがパンになりました!

電車・バスのパンは1個253円。取材に訪れた日は、特別に全種類を用意してくれました。現在販売中の種類であれば、前々日までに予約をすると希望のパンを作ってもらえます

来店客のリクエストで誕生した電車やバスの形をしたパン。その数30種類以上! 毎日5~6種類が登場します。抹茶、チョコレートなど味もいろいろ。メロンパンの生地やチョコレートで窓などを作り、クリームを2枚のパンでサンドしています。サンドイッチや菓子パンなどもありますよ。

手づくりパンの店 ぶんぶん
宇治市宇治半白8-94
TEL:0774(21)4417
午前7時~午後7時 ※電車・バスのパンは午前10時から販売。発送不可
水休み

社会・生活 バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ