ホーム > > 特集:社会・生活 > 歌やちぎり絵を通じて、地域の人々の輪が広がっています

歌やちぎり絵を通じて、地域の人々の輪が広がっています

昨年9月、「地域の人たちが気軽に集える場所をつくりたい」と伏見に開設された「ことはいカフェ」。年齢を問わず誰でも参加できる「うたごえカフェ」や「新聞ちぎり絵」、子育て世代のための「ベビーマッサージ」などが毎週開かれ、交流の場としてにぎわっています。

「コトーハイツ伏見稲荷きずなづくり事業実行委員会」の上平さん(右)と、フルートを吹く氏本さん(左)。参加者だけではなく、上平さんや受け付けを担当していた実行委員会のメンバーも、みんなで歌います。「ストレス発散になりますよ」と上平さん

歌集に載っている曲の中から、参加者のリクエストにより選ばれたのは、懐かしい叙情歌など。前を向いて歌えるように、歌詞はプロジェクターで壁に映されています

記者が、会場となる伏見のマンション「コトーハイツ伏見稲荷」の集会所に足を運んだのは、開始10分前。この日は、みんなで歌って楽しむ「うたごえカフェ」の開催日です。会場内にはすでに20人以上の人が集まり、「わー、来てたんやね~!」などと話す姿が見られました。

「今日はうれしいことに盛況です」とは、「ことはいカフェ」を主催する「コトーハイツ伏見稲荷きずなづくり事業実行委員会」の上平知子さん。

歌う曲は、参加者が開始前にカードに記入したリクエストから決定。「まずは、春を感じる歌からいきましょう」と上平さんから曲が発表されると、「知ってるやつやわ!」「いい曲やね~」という声も聞こえてきます。

上平さんのピアノ伴奏と、同メンバーの氏本さんが奏でるフルートの美しい音色に合わせて、口を大きく開けて歌う人や、手や足でリズムをとる人、目をつむりながら口ずさむ人…。それぞれのスタイルで歌う様子を見て、記者も思わず手拍子をしてしまいました。

「次の曲は教科書にもよく載っていますよ」「実は作曲者は…」など、上平さんから曲にまつわるエピソードも聞きながら、2時間で歌ったのは約20曲。中盤には、お茶やコーヒーを飲んだりお菓子を食べながら休憩する時間も。隣の人同士で話したりと、にぎわっていました。

何度か訪れているという参加者からは、「おなかの底から声を出すと気分転換になります」「一人なら音痴がばれて恥ずかしいけれど、みんなで歌うから楽しいですね」といった声が。「いきなり知らない方としゃべるのは緊張しますが、歌ということで来やすかったです」という初参加の人も。

住民へのアンケートが活動開始のきっかけに

そもそも、「ことはいカフェ」開始のきっかけは、「コトーハイツ伏見稲荷」の住民にむけて昨年行われたアンケート。そこで、「隣に住む人のことすらよく知らなくて不安。住民が集える場所があれば」「乳幼児を持つ親が交流できる場所がほしい」など、住民同士のつながりを求める声が回答者の6割を超えたのだとか。

これを受けて、コトーハイツの自治会長・久守さんが声をかけたのが、音楽のボランティアグループ「京都ピアノとうたの音楽ひろば」の代表を務める上平さんでした。

「2013年から京都の各地で、地域の人が集える場所となるように『うたごえカフェ』の活動をしています。久守さんがコトーハイツでもやりたいと言ってくださり、昨年、一緒に実行委員会を立ち上げました」と上平さん。現在は、10人ほどのメンバーで活動しています。

「居場所というのは、行きたいと思ったときに開かれていないと」「歌だけだと苦手な人は来にくいのでは」などの話し合いを重ね、今のように毎週、「新聞ちぎり絵」や「ベビーマッサージ」なども含めて、何かしらイベントが開かれるように。

「申し込みも不要にしているので、どの地域の方も気軽に足を運んでください。今日は桂から来てくださった方もいらっしゃいましたよ」
問い合わせは、同実行委員会=TEL:090(1903)3347(久守さん)=へ。

ことはいカフェ
場所:コトーハイツ伏見稲荷C棟集会所(京都市伏見区深草下川原町1-1、地下鉄「十条」駅から徒歩8分、京阪「伏見稲荷」駅から徒歩6分)
参加費:300円
うたごえカフェ
第1・第2・第4水曜日の午後1時30分~3時30分
ものづくりカフェ(新聞ちぎり絵)
第3水曜日の午後1時30分~3時30分
ふわふわ子育てカフェ(ベビーマッサージ)
第4土曜日、午前10時30分~正午 ※2カ月~3歳までの子どもと保護者

社会・生活 バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ