• HOME
  • トピックス
  • 日本遺産・琵琶湖疏水の魅力に船越英一郎さんが迫ります! 琵琶湖疏水沿線魅力創造協議会

日本遺産・琵琶湖疏水の魅力に船越英一郎さんが迫ります! 琵琶湖疏水沿線魅力創造協議会

2022年3月11日 

リビング編集部

琵琶湖疏水沿線魅力創造協議会

日本遺産認定記念
俳優 船越英一郎さんと梅林秀行さんが対談

琵琶湖から京都へ通じる水路「琵琶湖疏水」。明治期の京都の一大プロジェクトとして進められ、まちの産業振興を大きく後押ししました。2020年には「日本遺産」にも認定。それを記念し、俳優の船越英一郎さんと、京都のまちをよく知る「京都高低差崖会」の梅林秀行さんの対談が行われました。ともに〝崖〟に縁のある二人が、琵琶湖疏水の魅力に迫ります!

※発言者名は敬称略

対談の会場となった「琵琶湖疏水記念館」で、大正期の岡崎地域の様子を再現した模型を見る船越さんに、「地形に沿って疏水が流れているんです」と梅林さんが説明

水路閣では何度も推理を繰り広げました

サスペンスドラマでは琵琶湖疏水、特に南禅寺の水路閣が撮影に使われることが多いようです。

船越 僕なんかはもう〝職場〟だと思っています。水路閣でいったいどれだけ推理を繰り広げたか、あるいは犯人を追い詰めたか…。あのアーチを縦のアングルで撮り、横から出たり入ったりしながら芝居をすると面白い映像になるんですよ。

梅林 水路閣は谷を越えて疏水を通すために、あの場所に造られました。もともとは工業地帯にする予定だった南禅寺の北側まで水を運ぼうとしたそうです。

船越 当時の京都府知事の北垣国道は、まだ20代だった田邉朔郎を琵琶湖疏水の主任技師に抜てきしたんですよね。水路閣も田邉がデザインしたとか。ローマの水路橋を思わせながらも自然に溶け込む建造物は、まるで美術品のようです。

梅林 疏水は勾配を利用し、地形に逆らわず等高線に沿って流れています。疏水分線沿いの哲学の道も曲がりくねっていますよね。その曲線や、水路閣の柱の影のイメージが、犯人を呼び込む雰囲気に合うんじゃないでしょうか。

船越英一郎さん
1960年生まれ。テレビ朝日系「その男、副署長」、日本テレビ系「小京都ミステリー」シリーズなどで主演を務め、〝2時間ドラマの帝王〟と呼ばれる。近年もテレビ東京系「十津川警部の事件簿」、NHK「赤ひげ」シリーズで主演を務め活躍中

びわ湖疏水船で地形に即した流れを体感

船越 撮影でよく使われる水路閣や哲学の道ですが、まだ琵琶湖疏水のことをよく知らない人も多いのでは。ロマンが伝わるような、疏水にまつわる京都巡りなどの企画があるといいですよね。


2022年3月に疏水沿いを歩く「そすいさんぽスタンプラリー」が開催される予定。また、2018年には観光船として67年ぶりに「びわ湖疏水船」が復活しました。

船越 僕はまだ乗ったことがないので、ぜひ今度乗船したいです。

梅林 地形に即した流れを体感できたりと、新たな発見がたくさんあると思います。

船越 京都から大津まではどのくらいかかるんですか?

梅林 上りは約35分、下りは約55分です。見どころの一つが、山の上から垂直に穴を掘った竪坑(たてこう)の内部。滝のように流れる地下水を見られます。トンネル工事で「竪坑工法」が採用されたのは琵琶湖疏水が日本初でした。琵琶湖疏水は舟運のほか防火、上水道などを目的として計画されましたが、そこに含まれていなかったのが発電です。

船越 確か工事中に田邉がアメリカに視察に行き、北垣府知事を説得して水力発電を導入することになったんですよね。

梅林 はい。水力発電により、まちには電灯がつき、日本初となる電気鉄道の営業もスタート。20代の若者の予定変更が、近代京都の文化を生み出していったんですね。

「琵琶湖疏水記念館」では疏水にまつわるパネルなどを多数展示。「琵琶湖疏水にまつわるまち歩きは何度でも楽しめそうですね。疏水目線で京都のまちを体験してみると、次から次に行きたい場所が出てきそう」と船越さん

疏水によって2次的、3次的な文化が誕生

疏水周辺にはさまざまなスポットがあります。

船越 大好きなのが哲学の道沿いにある「白沙村荘 橋本関雪記念館」。疏水の水が庭園に引かれています。さらに関雪はその水で池を造って水面に反射する光を画室の天井に当たるようにし、照明代わりにしたとか。また、哲学の道が桜の名所となったのは、関雪夫妻が寄贈した300本の桜に始まるそうですね。

梅林 疏水によって2次的、3次的な文化が誕生していますね。とはいえ、南禅寺に水路閣を建造することに当初は反対もあったようです。

船越 そうなんですね。でも、完成したときは大変な人出だったと聞きました。新しいものを受け入れていくのも、京都ならではの姿勢なのかなという気がします。

梅林 長らく都だった京都は何度も新しいものを受け入れてきました。新旧が混在しているのもこのまちの魅力です。

船越 外から来る新しいものを、京都独自の文化に再構築するということを繰り返してきたんですね。新しいものを自分たちの色に染め上げていくそのプライド、誇りが京都の人に受け継がれているのかなと。

梅林秀行さん
京都高低差崖会崖長。京都ノートルダム女子大学非常勤講師。なにげない地面の高低差をはじめ、まち並みや人々の集合離散など、さまざまな視点からランドスケープを読み解く。NHK総合テレビ「ブラタモリ」「歴史秘話ヒストリア」など歴史地理に関する番組に多数出演。著書に「京都の凸凹を歩く」1・2(青幻舎)

いつか疏水を舞台にした
映画やドラマに出演したい

船越 琵琶湖疏水を舞台にした映画やドラマが企画されたらうれしいですね。その際はぜひ出演させていただきたいです。ロマンがありますし、人間ドラマもたくさん盛り込めるはず。僕はもう年齢的に田邉役はできないので…、ぜひ京都府知事の北垣さんを演じさせてもらえたら!

梅林 私は歴史、土木事業、文化と多様な分野が関わる琵琶湖疏水のことを研究する人が増えたら面白いと思います。〝琵琶湖疏水学〟といったところでしょうか。

船越 大学に〝疏水学部〟が誕生すれば、絵画や建築なども含めて多角的に学べそうです。今回の対談を通じて、ますます「疏水を知らずして京都を語るなかれ」との思いが湧いてきました。京都にとってはもちろん、日本にとっても、「初」というものをたくさん生んだ誇るべき遺産ですね。

 ◇  ◇  ◇

問い合わせは琵琶湖疏水沿線魅力創造協議会(京都市上下水道局/南区東九条東山王町12)=TEL:075(672)7709=へ。

南禅寺の水路閣を訪れた船越さん。まるでサスペンスドラマのワンシーン!

文化庁京都移転のロゴマーク。「琵琶湖疏水の新たな魅力創出事業」は文化庁文化芸術振興費補助金を受けています

日本遺産とは

地域の歴史的魅力や特色を通じて、日本の文化・伝統を語るストーリーを文化庁が認定する制度。2020年、「京都と大津を繋ぐ希望の水路 琵琶湖疏水~舟に乗り、歩いて触れる明治のひととき」として琵琶湖疏水が「日本遺産」に認定されました。

船越さんが「紙兎ロペ」の仲間に!
動画配信は2022年3月16日(水)から(予定)

船越英一郎さんと、幅広い世代に人気のアニメキャラクター「紙兎(うさぎ)ロペ」がコラボレーション! オオカミに扮(ふん)した船越さんが、琵琶湖疏水ゆかりの〝あの場所〟で犯人を追い詰める!?

2022年3月16日(水)から(予定)6月10日(金)まで、「日本遺産 琵琶湖疏水」のホームページで動画が公開されます。下記URLからアクセス可。

https://biwakososui.city.kyoto.lg.jp/

動画のイメージ Ⓒ紙兎ロペプロジェクト2022/フジテレビジョン

「びわ湖疏水船」春シーズンの
チケットが発売

琵琶湖疏水の歴史的な魅力や美しい景色を満喫できる「びわ湖疏水船」は、今年で運航5周年。現在、春シーズンのチケットを発売中です。運航期間は2022年3月26日(土)~6月12日(日)、運休日あり。

運航ダイヤ、予約、料金など詳細はホームページで確認を(下記URLからアクセス可)。座席は非対面式。定員は少人数制。壁、窓はなし。消毒などの衛生対策を実施。

2022年6月には親子向けの乗船会を開催予定。詳細が決まり次第、「びわ湖疏水船」のホームページで案内されます。

https://biwakososui.kyoto.travel/

散策道「そすいさんぽ」が誕生しました

疏水沿線には明治期をしのばせる赤レンガの建物や美しい自然がいっぱい。散策するのにぴったりなこのコースが、このたび「そすいさんぽ」として整備。琵琶湖からの距離を示す道標(キロポスト)が設置されたほか、散策マップも発行されました。

さらに、コースを巡るデジタルスタンプラリーも開催! スマートフォンのアプリを使ってチェックポイントでスタンプを集めながら、自分のペースで散策してみて。

そすいさんぽスタンプラリー

期間:2022年3月17日(木)~31日(木)
場所:琵琶湖疏水沿線(大津〜鴨川コース)

  • 参加するには事前に専用アプリ「やましなプラス+」のダウンロードが必要。詳細は「日本遺産 琵琶湖疏水」ホームページ(下記URLからアクセス可)で確認を
  • スタンプを集めてビンゴを完成させた人には「びわ湖疏水船」の乗船券などの景品がプレゼントされます。10組20人限定、申し込み多数の場合は抽選
  • 散策マップは琵琶湖疏水記念館や京都市内の各区役所・支所などで配布中

https://biwakososui.city.kyoto.lg.jp/

読者プレゼント

「船越英一郎の京都案内」(マガジンハウス)

この記事を読んでアンケートに答えた人の中から抽選で3人に、船越英一郎さんの著書「船越英一郎の京都案内」がサイン入りでプレゼントされます。下の応募ボタン、または「京都市上下水道局」のホームページ(https://www.city.kyoto.lg.jp/suido/)から回答を。応募期間は2022年3月11日(金)~31日(木)。当選通知は発送をもって代えられます。

応募はこちら

(2022年3月12日号より)