• HOME
  • トピックス
  • 季節の野菜や果物、新米など 鮮度が自慢の農産物直売所

季節の野菜や果物、新米など 鮮度が自慢の農産物直売所

2021年9月20日 

リビング編集部

国道1号沿いに位置する「旬の駅 京都店」。開店とともに続々とお客さんが入っていくこちらは、農産物の直売所です。新米、野菜や果物といった旬の味覚、季節の生花も。現在、「お彼岸フェア」も開催中です。

「お彼岸フェア」2021年9月23日(祝・木)まで

「旬の駅」は、京都・奈良・大阪に展開する農産物直売所。2年前にオープンした「旬の駅 京都店」は、直売所としては京都府下最大級の広さ(約900㎡)です。

約2000の契約農家から届く農産物がずらり。これらは、生産者が自ら価格を決め、直接陳列する産地直送品で、新鮮さが魅力です。

2021年9月23日(祝・木)までは「お彼岸フェア」が開催中。お彼岸で需要の高まる生花をはじめ、各売り場にさまざまな商品が並びます。

京都・奈良・大阪のベーカリーが出品する「パン屋さんのマルシェ」や、スタッフが選んだ全国各地の名産品が並ぶ「ご当地マルシェ」、そのほか精肉、鮮魚、総菜、弁当などのコーナーにも注目を。毎週木曜の午前9時~正午には「木曜朝市」も開催。

生産者が丹精込めて育てた農産物がいっぱい

お彼岸の仏花・墓花は生花コーナーで

生花店6店舗が出店する生花コーナー。一緒に並ぶ地元農家の生花も人気が高く、午前中で売り切れてしまうこともあるのだとか。「お彼岸フェア」期間中は、通常のコーナーに加えて入り口付近にも売り場が増設。仏花・墓花が多数そろいます。

季節の野菜や秋の味覚が集合

新米をはじめ、大黒本しめじ、シイタケなどのキノコ類、アスパラ、ホウレンソウ、レタス、レンコンといった秋の味覚が集合。営業時間中も随時入荷されます。

秋ならではの果物

洋ナシ、青切りミカン、栗、柿、梨、イチジク、ブドウ、リンゴなど、地元や全国の産地から秋ならではの果物が届きますよ。

牛肉、豚肉、鶏肉など、種類も多数

黒毛和牛を中心とした牛肉、豚肉、鶏肉を扱う精肉コーナー「肉の松島」。宮崎県のブランド豚「きなこ豚」、鶏のぼんじりなど、種類も多数です。

毎朝仕入れる新鮮な魚介類

鮮魚コーナー「マルキ水産」には、一匹丸ごとの魚や刺し身など、毎朝仕入れる新鮮な魚介類が豊富に並びます。生きたままのカニやエビなど、何が入荷しているかはその日のお楽しみ。

※写真はイメージ。天候などによって品ぞろえには変動あり

問い合わせ

旬の駅 京都店

TEL:075(971)6161
八幡市八幡南山76
午前9時〜午後6時(年始のみ休業)
駐車場150台

(2021年9月18日号より)