ホーム > > 特集:社会・生活 > 京都のスポーツ、新たな動きに注目!

京都のスポーツ、新たな動きに注目!

東京オリンピック・パラリンピック開幕まであと1年。選手の活躍を楽しみにしている人も多いのでは。京都でも、スポーツにまつわる新しい動きがあります。国際的な大会の開催や施設の誕生など、さまざまなトピックスを集めました。

〝フェンシングの町〟大山崎町がスイスのホストタウンに

「フルーレ」というフェンシング種目に取り組む同クラブの子どもたち。カシャンと剣が交わる音が響きます

  • 「マルシェ(前進)」「ロンペ(後退)」といった大柴さん(右)の声に合わせてウオーミングアップ

  • アサヒビール大山崎山荘美術館の庭園で開催された、ホストタウン事業のイベントの様子。スイスの楽器・アルプホルンの演奏も好評だったそう

鋭い突き、素早い剣さばきは迫力あり!

剣を構えて相手と向き合う、りんとした姿が印象的なフェンシング。小中学生を中心に活動する「京都フューチャーフェンシングクラブ」が、大山崎町体育館で練習を行っていました。

「1988年の京都国体でフェンシング会場となって以来、大山崎町は〝フェンシングの町〟なんです」とは、コーチの大柴光朗さん。「剣が下がってる」「腕はまっすぐ伸ばして」と、熱心に指導します。

フェンシングといえば、有名なのがオリンピックメダリストの太田雄貴さん。かつて同クラブに在籍していたのだとか。

「今所属しているメンバーも、未来のオリンピック選手かも。みんなの将来が楽しみです」

そんな大山崎町。東京オリンピック・パラリンピックでは、スイスの〝ホストタウン〟に登録されています。

〝ホストタウン〟とは、参加国・地域とスポーツ、文化、経済などを通じて相互交流を図る自治体のこと。大山崎町教育委員会の上田崇博さんと堀井正光さんは「これまで、スイスの食や音楽などに触れるイベントなどを開催してきました」と話します。

「現在は事前合宿の受け入れを目指しています。スイス代表チームと京都フューチャーフェンシングクラブとの交流の場も設けられれば」(上田さん)

2020年に向けて、フェンシングの町がさらに熱くなりそうですね。

多様化する〝スポーツ〟のイメージ

大山崎町のフェンシングのほか、長岡京市のバドミントン、京丹後市のカヌー、京田辺市のハンドボールなども有名。いずれも1988年の京都国体の会場となった地域です。

「一過性で終わらず、地域でそのスポーツが根付いています」と話すのは、京都府スポーツ協会事務局長の坂東美紀さん。「京都では、今後『ワールドマスターズゲームズ2021関西』(※)も開催されるなど、スポーツに触れる機会に恵まれていると思います」

同協会は4月、創設90周年を機に「京都府体育協会」から名前を変えました。「競技のイメージが強かった〝スポーツ〟ですが、子どもや高齢者も楽しむなど近年は多様な捉え方をされるように。府民の皆さんに主体的、自発的に親しんでほしいという思いを込めています。文化としてのスポーツを日常の中に定着させることが目標です」

※詳細は2面で

社会・生活 バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ