ホーム > リビングツアー > 宝塚S席観劇ツアー

京都発日帰りバスツアー 株式会社アローズ

宝塚S席観劇ツアー

毎月好評開催中!

6月17日(土)・20日(火)、7月21日(金)・29日(土) 1万4500円
京都リビング新聞社
アローズの「宝塚S席観劇ツアー」に出かけませんか。行き帰りともにバス利用なので、移動もラクラク。現在の観劇予定は次の3つのステージです。


■花組 古代ロマン「邪馬台国の風」
作・演出/中村 暁

数多くの小国が乱立し、絶えず争いが繰り広げられていた古代日本。中でも倭国連合の中心となる邪馬台国は肥沃な領土を背景に勢力を拡大していたが、対立する狗奴国はその豊かな土地を手に入れようと、幾度となく戦を仕掛けてきていた。
幼い頃に両親を狗奴国の兵に殺されたタケヒコは、生き抜く為に闘う術を身に着けていく。ある時、狗奴の兵に襲われていたマナという娘を助けたタケヒコは、神の声を聞くというマナから“私達は遠い昔に出逢い、もう一度めぐり逢うと誓った”と告げられる。そして人々の平和な暮らしを守る為、巫女になるというマナの言葉を受け、タケヒコも邪馬台国の兵となりこの国に平和をもたらそうと決意するのだった。やがて大巫女の位を受けたマナは、ヒミコという名を与えられ邪馬台国の女王となる。手の届かぬ存在となったマナに思いを馳せるタケヒコ。しかしある事件をきっかけに二人は再び相見えることとなる……。
明日海りお、仙名彩世の新トップコンビを中心にお届けする、壮大な歴史ファンタジー。

■花組 レビュー・ファンタスティーク「Santé!!」~最高級ワインをあなたに~
作・演出/藤井 大介

「Santé!!」とは、フランス語で「乾杯!!」の意。世界各国で愛されるワイン。まるでワインを楽しむように、個性豊かで美しく華やかな宝塚の舞台に酔いしれて欲しい…。優雅で、気品溢れるワインのイメージは、まるで宝塚歌劇そのもの。様々な夢や愛、ロマンが詰まった街パリを舞台に“ワインを飲んで見る数々の夢”をテーマにお届けする作品です。明日海りおの新たな魅力に迫る、芳醇な香りと大人の雰囲気を放つレビュー。

6月17日(土)・20日(火) 花組 「邪馬台国の風」
花組 「Santé!!」~最高級ワインをあなたに~
主演:明日海りお、仙名彩世


■月組 三井住友VISAカード シアター 浪漫活劇(アクション・ロマネスク)
「ALL FOR ONE」~ダルタニアンと太陽王~

脚本・演出/小池 修一郎

世界の古典・デュマの「三銃士」をもとに、新たな発想で描くロマンチック・アクション・ミュージカル。舞台は太陽王と呼ばれたルイ14世が治めるフランス。銃士隊の新入りダルタニアンは王の剣の稽古相手に任命される。しかし王はダンスのレッスンに熱中し、剣術には興味を示さない。ある日ダルタニアンは、ブルボン王家を揺るがす王の秘密を知ってしまう…。
ルイ14世の為に立ち上がるダルタニアンの愛と勇気の冒険を、共に戦う三銃士との友情を交え、壮大なスケールで描き出す浪漫活劇。今なお世界中で愛される「三銃士」が、小池修一郎の脚本・演出によって新たな物語として宝塚歌劇の舞台に登場致します。

7月21日(金)・29日(土) 月組 「ALL FOR ONE」~ダルタニアンと太陽王~
主演:珠城りょう、愛希れいか



©宝塚歌劇団

宝塚S席観劇ツアー (各日共通)
日程 6月17日(土)・20日(火)、7月21日(金)・29日(土)
行程
JR「京都」駅南口アバンティ前
※6月17日(土)、7月29日(土)は午前8時30分発
 6月20日(火)、7月21日(金)は午前10時45分発
||
宝塚大劇場
※6月17日(土)、7月29日(土)は11時公演を観劇
 6月20日(火)、7月21日(金)は13時公演を観劇
||
JR「京都」駅南口付近
※6月17日(土)、7月29日(土)は午後3時40分ごろ着
 6月20日(火)、7月21日(金)は午後5時40分ごろ着
||
四条大宮
※6月17日(土)、7月29日(土)は午後4時ごろ着
 6月20日(火)、7月21日(金)は午後6時ごろ着
旅行代金 1万4500円(S席観覧料、往復バス代、弁当・お茶代)
最少催行人数 20人 ※添乗員同行
企画 京都リビング新聞社
旅行企画・実施 株式会社アローズ(京都府知事登録旅行業第2-560号JATA正会員)
TEL:075(256)8411
※旅行条件はアローズ旅行約款によります。出発前日から起算して10日以降のキャンセルには取り消し料が発生します。詳しくは資料請求を
申し込み・問い合わせ 申し込み・問い合わせ 株式会社アローズ
※お申し込みの際は「国内募集型企画旅行条件書」をお読みのうえ、お問合せください。
※満席や催行中止の場合がございますが予めご了承ください。

このページのトップへ