ホーム > > コレ読んで!

コレ読んで!

新版 宮澤賢治 愛のうた

澤口たまみ 夕書房・1944円

詩や童話から読み解く、賢治の知られざる恋人の姿

「なべてはしけく よそほひて」という文語詩をご存じでしょうか。人目を忍んだ恋人とのあい引きを描く詩には、宮澤賢治の知られざる恋人の姿が隠されていました。

生涯独身のまま他界した賢治には、早くに他界した妹に思いを寄せていた、同性愛的な傾向があったなど、半ば神格化されたエピソードがつきまといます。しかし本書は、そんな賢治に恋人がいたことを数々の詩や童話から読み解きます。SP盤を集めてはコンサートを開き、熱心に音楽の美しさを説く。そこで出会った恋人と周囲の目を気にしながら密会を重ね、実らぬ関係に煩悶(はんもん)する人間・宮澤賢治の姿に、より一層親近感を感じることでしょう。

【紹介者】
誠光社 堀部篤史さん

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ