ホーム > > 特集:社会・生活 > 涼しげな景色が広がる嵐山かいわいを散策

涼しげな景色が広がる嵐山かいわいを散策

一つの駅を中心に、街歩きスポットを紹介する「ぐるり駅前シリーズ」。今回はJR「嵯峨嵐山」駅周辺を取り上げます。竹林や寺社の緑といった、涼しげな風景も楽しみに出かけてみませんか。

トマトやジャガイモの冷製スープも登場

ランチの「ガスパチョセット」(1150円)。週替わりのおかず(写真はコーンとジャガイモのコロッケ)とサラダ、自家製ベーグルまたは二穀米が付きます

ケーキ店やカフェなどで腕を磨いた店主が「素材にこだわった、体に優しいスープ店を開きたい」と、3月にオープン。スープは常時4種類以上用意され、夏には冷製スープも登場します。トマトの甘味が堪能できる「ガスパチョ」や、ジャガイモを使った「ヴィシソワーズ」でクールダウンするのもいいですね。

Soup Dining PanBoo
(スープダイニング パンブー)
右京区嵯峨釈迦堂門前南中院町29-4
TEL:075(366)3880
午前11時~午後9時30分(LO午後9時) 
※ランチは午前11時~午後2時。イベント、貸し切り時は営業時間を短縮する場合あり
不定休

おしゃれな古書店で好みの本に出合えるかも

  • 地元住民や観光客など、さまざまな人が訪れているとのこと。京都関連の本や児童書、絵本も扱っています

白い壁にブルーのひさし、シックなドア…。おしゃれなカフェのような外観の古書店です。「女性にも入ってもらいやすく、それでいてカジュアルになりすぎないような店を目指しています」と店主。文芸書を中心に、サブカルチャー雑誌、美術書、漫画、文庫本などが並びます。自分好みの一冊に出合えるかも。

LondonBooks
(ロンドンブックス)
右京区嵯峨天龍寺今堀町22
TEL:075(871)7617
午前10時~午後7時30分
月・第3火休み

作家ものの器を日々の暮らしに

  • 美しい色合いも魅力の清水焼。「酒器セット(ブルー)」(8700円)、「香炉(黄色)」(1万6500円)、「酒器セット(白)」(1万1000円) ※「酒器セット」の下のマットは参考商品

店内には清水焼を中心に、陶器やガラスの器がずらり! さまざまな色やデザインの商品を見ていると、わが家ではどう使おう…と、想像がふくらみます。「清水焼は手になじみやすい薄さが特長。京都の若手作家の作品も置いています」とスタッフ。一輪挿しや豆皿が人気とか。

ギャラリーちはた
右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町1-6
TEL:075(882)1954
午前10時~午後5時(季節によって変動あり)
水休み(祝日の場合は営業)

ふんわりとした氷と抹茶の泡のはかない口溶け

雪のような氷が自慢という「抹茶エスプーマかき氷」(写真)。ほかに「釜炒り茶エスプーマかき氷」(1500円)もあり。かき氷は9月30日(日)までの夏季限定です

日本茶の新たな魅力を発信することがコンセプト。夏の楽しみがかき氷です。ふんわりとした氷は、フッと息を吹きかけると飛んでしまうほど。「抹茶エスプーマかき氷」(1500円)には、メレンゲのように泡立てた抹茶シロップがかかっています。素材の風味を生かすため、甘さは控えめ。氷が解けた後は冷たい抹茶としてどうぞ。

日本茶茶房 茶三楽
(ちゃさんらく)
右京区嵯峨天龍寺造路町7
TEL:075(354)6533
午前11時30分~午後5時30分(LO午後5時) ※冬期は営業時間に変更あり
火休み 
※9月30日(日)までは無休

社会・生活 バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ