ホーム > > かけいぼ診断

かけいぼ診断 ファイナンシャルプランナーが家計簿をチェック、家計の色んな悩みにお答えします

質問

中古マンションを購入し、変動金利でローンを返済中。控除期間終了後の繰り上げ返済、生命保険などアドバイスを。

夫36歳(会社員) 妻34歳(主婦) 子1歳・4歳

生命保険の契約内容を詳細に把握し、年払い分を毎月積み立てるといった工夫を凝らした家計運営をされています。

住宅ローン控除の終了後の繰り上げ返済について、今から計画性を持って考えるなど長期的な視点もあり、よいと思います。今後、金利が上昇すると資金計画に狂いが生じますが、当面は計画通り進めることに力を注いでください。今は、史上類を見ないほどの低金利ですが、大きな金利上昇に限ると、その可能性は高くないでしょう。

金利が上昇した場合でも、ローン残高が少なければ影響は大きくありません。ご相談者の場合、金利上昇時には貯蓄を取り崩してローン残高を減らすことも可能です。これらの点から、あまり心配しなくてもよさそうです。

保険については、月々の保険料、保障内容、貯蓄の効率性など多面的に考えることが必要です。ご家族の状況を考えると、ご主人の死亡保障500万円はもう少し増やしてもよいと感じます。

ただ、教育資金として、15年間で保険料の支払いが終わる終身保険の解約返戻金を利用するプランは、貯蓄の効率性の面からみると少々考えもの。解約返戻金は、支払った保険料程度か少し多いくらいの金額です。契約期間は死亡保障などの保障が付くから得という考え方もできますが、貯蓄を重視するなら、本来は、保障と貯蓄は分けておくのがおすすめです。

保険を途中で解約すると支払った保険料に割り込むことが多いので、次の保険を契約するときの参考にしてください。 大きなリスクを取らなくても、貯蓄を少しずつ増やす方法はあります。今から資産運用の勉強を始めておけば、今後の資産形成に役立つと思います。

【回答者】
ファイナンシャルプランナー
山副 耕一

家計簿診断相談募集

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ