ホーム > > 試写室・劇場から

試写室・劇場から

焼肉ドラゴン

TOHOシネマズ二条、MOVIX京都で公開中

©2018「焼肉ドラゴン」製作委員会

ぶつかり合って、心を寄せて。家族の熱い波動に揺さぶられる

日韓両国で絶賛され、数々の演劇賞に輝いた作品が、このたび映画となって再び涙を誘う。家族とはなんだろう、男と女の関係はなんて複雑なのか、たくましく生きてゆくために必要なものとは?などといろいろ考えさせ、大いに笑わせながら、涙腺のツボをぐいぐい押す感動作だ。

時は1970年、関西の地方都市に、家族経営の焼肉屋「焼肉ドラゴン」があった。戦争で片腕を失った主人の龍吉、肝っ玉母さんの英順、静花、梨花、美花の三姉妹に、一人息子の時生という6人家族だが、店は立ち退きを迫られていて、姉妹それぞれには確執を含む恋愛事情があり…。

原作と、舞台の戯曲や演出も務めた鄭義信が、自ら初メガホンを取った。真木よう子、井上真央、大泉洋ほか豪華な演技陣が在日コリアン一家の喜怒哀楽に迫る。北海道出身なのに違和感なしの関西弁を操る大泉に驚き、キム・サンホ、イ・ジョンウンの熱演に酔いしれる。人生を達観しているような龍吉のせりふと、新しい門出を描くラストは涙がとまらない。

(ライター 宮田彩未 

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ