ホーム > > 特集:社会・生活 > 町のイベントに“隊員”たちが出動中

町のイベントに“隊員”たちが出動中

6月、伏見区醍醐地域で結成された「だいご地域活動若者応援隊」。〝隊員〟たちは地域の活動に派遣され、その取り組みを手伝っています。活動の中で、隊員と住民の交流も広がっていますよ。

「活動を通して、醍醐に愛着を持ってもらえたらうれしいです」と話す、伏見区役所醍醐支所地域力推進室の家城康太さん

ボランティアメンバーで構成されている「だいご地域活動若者応援隊」。現在、約100人が登録し、隊員として活動中です。

「派遣先は子どもの学習支援の場や防災活動など。地域の取り組みを手伝ってもらっています」とは、伏見区役所醍醐支所地域力推進室の家城(いえき)康太さん。

「地域からの依頼を受けたら、登録している隊員の中で参加可能な人にサポートをお願いします。取り組みに適した技術や知識を持っている隊員もいますね」

伏見区在住で、介護職の仕事に就く古出(こいで)和広さんも隊員の1人。43歳の古出さん、当初は「〝若者〟という年齢ではない」とためらったそう。ですが、「ひとまず、対象年齢を問い合わせることにしました」。

その質問に家城さんは「年齢は限定していません」と回答。

「活動する地域は醍醐に限っていますが、何歳でも、どこに住んでいても隊員になれますよ」

「子どもの居場所」のスタッフとして活躍することも

「お茶はこれくらいでいい?」「うん。ありがとう!」。言葉を交わすうち、古出さんをはじめとするスタッフと子どもたちも打ち解けていったよう

以前の活動の様子。地域の総合防災訓練に隊員が派遣され、災害の備えなどについて住民に解説しました

古出さんが休日を利用して参加したのは、醍醐西自治会館で開かれた「子どもの居場所」。醍醐西学区の民生児童委員協議会や社会福祉協議会が中心となり、昨年の夏から月1回開催している取り組みです。

約20人の小学生が宿題をしたり、ゲームを楽しむ中、古出さんをはじめとした隊員はスタッフとして協力。夕食の時間には、手作りのかやくご飯、汁物の配膳を手伝います。

おわんを渡しながら、「熱いから気を付けて」と子どもに声を掛ける古出さん。用意が整ったら、席について一緒に食事をいただきます。

「おいしいね」「勢いよく食べるな~」と話したりと、和やかな雰囲気。

古出さんは「特別なことをしているわけではないのですが、子どもたちの元気な顔を見るとうれしくなります」と話します。

「今は社会福祉士の資格取得を目指して勉強中。春ごろ、勉強仲間から全国的に〝子どもの居場所〟の取り組みが広がっていると聞き、関心を持ちました」

これまでは地域活動に参加した経験がなかったとのこと。そんなときに知ったのが「だいご地域活動若者応援隊」でした。

「さまざまな活動を紹介してもらっています。自分で情報を集めるのは難しいので、ありがたいですね」(古出さん)

「だいご地域活動若者応援隊」では、現在、隊員を募集中。

「子どもから学生、社会人と、幅広い層の人がつながることで、醍醐地域が活性化すればと思っています」と家城さん。

申し込み・問い合わせは、伏見区役所醍醐支所地域力推進室=TEL:075(571)6105、=へ。

社会・生活 バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ