ホーム > > 試写室・劇場から

試写室・劇場から

ドリーム

9月29日(金)からTOHOシネマズ二条、MOVIX京都で公開

© 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation

自分たちの能力を信じ、宇宙への夢を実現した女たち

宇宙開発に関わる仕事は男の領域、しかも社会的優位にある白人の領域というのが60年代初頭のアメリカだったが、この映画は知られざる真実の物語で見る者を驚かせ、また勇気づける。

アメリカとソ連が宇宙開発競争でしのぎを削っていた時代、NASAラングレー研究所で働く3人の黒人女性が主人公だ。秀でた計算能力を認められながらも、遠く離れた有色人種用トイレに通わねばならないキャサリン、管理職を希望しても、昇進などありえないと宣告されるドロシー、エンジニアになるために幾つもの壁を乗り越えなければならないメアリー。黒人に対する偏見と差別が彼女たちを襲う。

でも、彼女たちはあきらめない。自分の仕事に対する熱い気持ち、そして心の芯にある明るさにもひかれる。そういうものが少しずつ周囲を変え、夢の扉を開いたのだ。出演のタラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイの3人はそれぞれにチャーミング。上司役にケビン・コスナー。セオドア・メルフィ監督。

(ライター 宮田彩未 

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ