ホーム > > 特集:子育て・子ども > 集いのテーマは、〝みそ汁〟です

集いのテーマは、〝みそ汁〟です

だしの香り、みその風味。ソウルフードの一つである〝みそ汁〟の良さを広め、〝みそ汁を作る母〟を増やしたいと、地域の主婦が京都市嵯峨野児童館で毎月、「みそ汁かふぇ」を開催しています。子育て中の親の交流の場にもなっていますよ。

この日の勉強会は、みそ汁に含まれる栄養素や、だしの味を幼いころから覚えることの大切さなどがテーマでした。会場奥の一角にはラグが敷かれ、赤ちゃんを遊ばせることもできます

記者が取材した7月下旬。12回目となる「みそ汁かふぇ」には7組の親子が参加していました。このイベントを開いているのは、2人の主婦。参加者は、みそ汁について勉強し、ランチにみそ汁を楽しみます。

まず行われたのは勉強会。主宰者の1人で、2児の母である木下由美子さんの「朝ごはん、何を食べていますか?」との問いかけに、「グラノーラです」と、照れながら答える人も。

「グラノーラもいいですね。でも、私はもっぱらみそ汁。簡単に作れてみそ汁の香りに心が落ち着きますし、大豆や具材で子どもに必要な栄養もしっかりととれるんですよ」

そうしているうちに、ふわりといい香りが。隣の厨房(ちゅうぼう)で、もう1人の主宰者・松尾ゆかりさんがみそ汁を作っていたのです。

「今日は、今が旬のナスたっぷりのみそ汁を用意しました。タマネギとエダマメとオクラ、油揚げと麩(ふ)を加え、隠し味に練りごまが入っています」と木下さん。

具だくさんのみそ汁ですね。それに練りごまを入れるなんて!

「みそ汁の魅力はここ。いろいろな食材と合わせられ、メインのおかずにもなるんですよ。好きな食材で試してみてください」

みそ汁と一緒にごはんが運ばれてきたら、ランチタイムの始まりです。

「子どもの食べっぷりがいつもと違う(笑)」と参加者から声も上がるほど、小さい子もみそ汁のおいしさに夢中になっていました。

子どもも、大きなお鍋で作られたみそ汁に興味津々。「みそ汁は季節の食材を使っているため、毎回内容が替わります」と、木下さん(左)。館長の飯吉(いいよし)昌子さん(右)も運営に携わっています

育児中の食育がきっかけに

普段は苦手な食材も、気付かずに食べる子もいるといいます

参加者の様子をにこやかに見ていた木下さん。このカフェを始めた理由とは何だったのでしょうか。

「私はもともと、この児童館の利用者で、大変お世話になりました。子どもが大きくなった今、恩返しになる活動をと館長に相談していたんです」

育児中に学んだ食育でみそ汁の魅力にひかれていた木下さんは、テーマを〝みそ汁〟に決定。児童館で知り合った松尾さんに声を掛け、企画を始めました。

「子どものころ、みそ汁は当たり前に食卓に出てきました。皆さんにもみそ汁でホッとする経験をしてもらいたい。そして、家でも作ってほしい。子どもたちに、昔ながらの食事の良さを伝えていきたいです」と話す木下さん。

松尾さんは、「私も子育て真っ最中の人に何かできればと思い、この活動に関わっています。開催していくうちに、みそ汁の栄養のことや、食材の組み合わせ方などを改めて学ぶこともできました」。

次回の開催は8月31日(木)。詳細は下表を参照。

次回の「みそ汁かふぇ」

日時
8月31日(木) 午前10時30分~午後0時30分
参加費
大人1人200円
申し込み締め切り
8月28日(月) ※先着10組、定員になり次第締め切られます
申し込み・問い合わせ・会場
京都市嵯峨野児童館(右京区嵯峨野秋街道町35-1)=TEL:075(873)4355

子育て・子ども バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ