ホーム > > かけいぼ診断

かけいぼ診断 ファイナンシャルプランナーが家計簿をチェック、家計の色んな悩みにお答えします

質問

現在は一人暮らしですが、認知症など健康状態によっては老人ホームの入居も想定。経済的に生活していけるでしょうか?

女性88歳(無職)

米寿を迎えられ、一人で元気に生活されているとのこと。お子さまのちょっとしたサポートもあるかもしれませんが、素晴らしいと思います。

支出が1カ月の公的年金の範囲内で抑えられていて、年金世代のお手本ともいえる家計簿。一般的な無職世帯の単身者の支出の平均は15万円強なので、ほぼこの金額でやりくりできています。インターネットを利用したり、カルチャー教室に通うなど、知的好奇心が旺盛な様子も伝わってきます。とても上手に支出のバランスをとることができていて、理想的な形といえるでしょう。

後々はマンションの売却も視野に入れて、老人ホームへの入居を考えておられるとのこと。お元気な今のうちから、どんな施設があっていくらぐらいの費用がかかるのか、ご家族を交えて見学などを行い、ご自身の希望を伝えながら話し合っておきたいですね。

老人ホームを含む介護施設にかかる費用は、タイプによってまちまち。例えば、要介護者向けワンルームタイプの場合、入居一時金が不要なものも多くあります。月14万~19万円が目安ですが、ご相談者の場合、これらの支出はほぼ公的年金でカバーできそうです。また、これ以外にも雑費や諸費用なども必要になりますが、これらの費用を月10万円と見込んだとしても、10年間は問題なくやっていけるだけの蓄えがあります。

さらに、お住まいのマンションは3000万円程度の売却が見込めることから、十分な余裕があります。あまり切り詰めることを考えず、お金を使っても大丈夫ですよ。

将来に大きな不安はありません。毎日の生活を楽しみながら、健康に留意して元気で長生きしていただきたいと思います。

【回答者】
ファイナンシャルプランナー
八束 和音

家計簿診断相談募集

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ