ホーム > > コレ読んで!

コレ読んで!

ぼくの宝物絵本

穂村弘 河出文庫・799円

大人だって楽しめる、絵本の魅力を語ります

歌人の穂村弘さんが絵本に引かれたのは、大人になってから、童画家の武井武雄さんの本との出会いからでした。以来、絵本の世界にどっぷりはまりこみ、外国絵本の翻訳も手がけられています。本書では色彩の豊かさ、古今東西の作家の自由な表現、子どもも大人も楽しめる絵本の数々の魅力を、これまた自由闊達(かったつ)、天衣無縫な短歌を詠む穂村さんが語り尽くしてくれます。

私も大好きな長新太さんのナンセンス絵本への注目もうれしいところ。オールカラーページで、絵のみならず、写真やコラージュ、紙の材質や、文字のデザインやレイアウトなど、絵本を構成している要所も知ることができる一冊です。

【紹介者】
古書ダンデライオン 中村明裕さん

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ