ホーム > > 特集:子育て・子ども > 親子での仲間づくりは、“京都らしさ”を感じながら

親子での仲間づくりは、“京都らしさ”を感じながら

「ママがほっこりできる場をつくりたい」。そんな思いから、未就学児とその保護者向けのイベントを開催しているグループが「コトママ」です。現在のメンバーは0~2歳の子どもを持つお母さん。7月に、2回目のイベントが行われます。

取材時、コトママのメンバーが集まってくれたのは中京区にある泉龍寺(東洞院通二条下ル)。立ち上げメンバーの1人・泉阿弥華(あやか)さんの自宅です。4月にはこちらで、1回目のイベントが開かれました。 泉さんによると「第1回は和菓子を食べながら自由に過ごすという交流会でした」。「初めてのイベントにもかかわらず、33組の親子が来てくれてびっくり!」とは、共にコトママを立ち上げた植田麻衣子さんです。 そこで出会ったのが、橋本幸栄さんと森田瞳子(とうこ)さん。今はメンバーとして活動しています。

橋本さんは「お寺で和菓子を食べながら親子で交流できるなんてすてき、とほかの参加者と話していました。せっかくの機会なので、メンバーとして関われたらと思ったんです」とのこと。 森田さんも「初めて会う人ばかりでしたが、同じくらいの年齢の子どもがいると、自然と話が盛り上がって。先輩ママからは子育てのアドバイスももらえました」と話します。 次回はお出かけイベントを開催(表参照)。東本願寺に行き、お堂の参拝や非公開の部屋の見学をします。 「子どもがいると、お寺に行く機会も少ないかもしれません。みんなと一緒に出かけ、気分転換をしてもらえたらと思います」(植田さん)

泉龍寺で行われた、第1回のイベントの様子
泉龍寺で行われた、第1回のイベントの様子

泉龍寺で行われた、第1回のイベントの様子。子どもを遊ばせながら、初対面の人同士、盛り上がっていたとか

他地域出身のお母さんも楽しめる場に

コトママのメンバー

「8月には、泉龍寺でダンスを楽しむイベントを実施予定。手伝ってくれるスタッフも募集中です」とコトママのメンバー。左から橋本さん、娘の美雨ちゃん、泉さん、阿依子ちゃん、玲衣ちゃん、植田さん、千代ちゃん、森田さん

泉さんと植田さんが「こどもみらい館」のイベントで偶然出会ったことが、コトママ結成のきっかけに。子どもの年齢、義両親との同居、京都府外出身といった共通点から意気投合したといいます。 植田さんは「私は和菓子店へ、泉さんはお寺へ嫁いだことも縁を感じて。〝京都らしさ〟に触れながら親子がほっこりできる場がつくれたらと、コトママを立ち上げました」。

子育て中は、なかなか息抜きができない日々を送るお母さんが多いもの。特に、他地域から京都に来たお母さんは、知り合いが少ない中で子育てに奮闘しているそう。

「そうしたお母さんたちの友達づくりにつながればうれしいですね。これからも泉龍寺などを会場として、イベントを実施予定。アイデアを出し合い、楽しい企画を考えていきます」(泉さん)  今後のイベントについては、「コトママ」のフェイスブック(https://www.facebook.com/コトママ-296645200755400/)でチェックを。

第2回親子イベント

「こどもと行こう! 東本願寺!」
日時
7月5日(水)午前10時30分~正午(10時受け付け開始)
会場
東本願寺(下京区烏丸通七条上ル、JR「京都」駅から徒歩7分)
料金
1家族500円
定員
先着20組(要予約)
申し込み方法
【1】大人、子どもの各参加人数
【2】参加者名、子どもの年齢・月齢
【3】ランチ会への参加・不参加(終了後に同会場で開催。昼食は持参)
【4】会場までの交通手段を明記し、下記までメールで申し込みを
申し込み・
問い合わせ先
コトママ=Mail:kotomama358@gmail.com
※申込者には参加可否の連絡あり

子育て・子ども バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ