ホーム > > 試写室・劇場から

試写室・劇場から

美女と野獣

TOHOシネマズ二条、T・ジョイ京都、MOVIX京都で公開中

©2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

鮮やかな人物描写と造形美、名曲の数々にうっとり!

ディズニーのアニメ「美女と野獣」をご存じの方も多いと思うが、このたび実写版が封切られた。ヒロインのベル役には、「ハリー・ポッター」シリーズでハーマイオニーを演じたエマ・ワトソン。エンターテインメントとしての華やかさを存分に味わえる。

魔女の呪いで野獣の姿に変えられた王子と、知的好奇心が旺盛で美しい村娘のベルが出会い、心を通わせて呪いを解くという物語に、かけ離れたものでなく、どこか親近感を覚えるのはなぜか。それは、他人の目というものが時にひどく冷たく、あからさまに、あるいはひそかに、人の心を傷つけてしまうということに関係する。野獣はむろん、ベルも周囲から「変わってる」と思われていて、“フツーがいい”という一般世間へのアンチテーゼが根底にあるのだ。

ワトソンの歌のうまさに驚いた。ベルが野獣と踊るロマンチックなシーンは、この映画の一番の見どころ。家具や調度品の姿でしゃべる人物キャラも面白い。野獣役にはダン・スティーヴンス。ビル・コンドン監督。

(ライター 宮田彩未 

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ