ホーム > > 特集:おでかけ > 桜をめでるイベント

桜をめでるイベント

間もなく、桜が満開になる時季がやってきますね。地元でも、桜にまつわるさまざまなイベントが開かれます。祭りにライトアップに、足を運んでみませんか。

2000本が咲く川沿いへ

宇治川さくらまつり

宇治川さくらまつり

ソメイヨシノやオオシマザクラなど、約2000本の桜が彩る宇治川のほとりで、4月1日(土)・2日(日)に「宇治川さくらまつり」が開かれます。
宇治川に浮かぶ宇治公園の中の島には、約20店舗がずらり。花見弁当や桜まんじゅうを買い、川べりに座って桜を眺めながら食べるのもいいですね。竹製品などの工芸品もあります。

景色は、花見船(一般600円、小学生300円)からも満喫できますよ。宇治市観光センターの2階に登場する、抹茶と春のお菓子がいただけるお茶席(500円)に参加してみても。
同日、「炭山陶器まつり」も開催されます。陶芸の里として知られる宇治の炭山の窯元が30ほど出店し、茶わんなどさまざまな陶器が並びますよ。

  • 日時4月1日(土)・2日(日)午前10時~午後4時
  • 会場京都府立宇治公園中の島、宇治市観光センター2階(宇治市宇治塔川2)
  • 問い合わせ宇治市観光協会=TEL:0774(23)3334

醍醐寺で、豪華なうたげを再現へ

豊太閤花見行列

豊太閤花見行列

豊臣秀吉が晩年に行い、総勢1300人が参加したといわれる「醍醐の花見」。こちらの豪華絢爛(けんらん)な催しを模して実施されるのが、4月9日(日)の「豊太閤(ほうたいこう)花見行列」です。
舞台は、約800本の桜が植えられている「醍醐寺」。カワヅザクラに、ソメイヨシノ、オオヤマザクラなど、多種多様な桜が咲く名所です。

当日の見どころは、華やかな行列。豊臣秀吉をはじめ、淀、秀頼、前田利家などに扮(ふん)した一行が、国宝に指定されている三宝院唐門からスタートして、境内を練り歩きます。金堂前では奉納行事も。舞楽や狂言、東映太秦映画村の役者による寸劇などが披露されます。

  • 日時4月9日(日)午後1時~3時
  • 料金3カ所共通券/大人1500円、中高生1000円(時季によって変動あり) ※3カ所とは三宝院、伽藍(がらん)、霊宝館のこと ※小学生以下は無料、参道は無料
  • 会場・問い合わせ醍醐寺(地下鉄「醍醐」駅から徒歩約10分)=TEL:075(571)0002

植物園の木々が幻想的な姿に

20周年記念 しだれ桜夜間無料公開

20周年記念しだれ桜夜間無料公開

20周年記念しだれ桜夜間無料公開

「宇治市植物公園」では、「20周年記念 しだれ桜夜間無料公開」が始まっています。3月31日(金)までライトアップされるのは、見ごろを迎えた園内のシダレザクラ5本。
すべて市民から寄贈されたもので、国の天然記念物である福島県三春町の「三春滝桜」や、円山公園の「祇園枝垂桜」と同系統の桜もあるのだとか。一番大きい石垣沿いの木で樹齢約70年、8mの高さがあります。ベニスモモ、エドヒガンも一緒に楽しめますよ。

「昼の桜も美しいのですが、夕暮れから夜にかけて移ろう空の景色の中で見る桜もまた違った雰囲気。写真好きな方々にも人気です」とスタッフ。

  • 期間3月31日(金)まで。月~木は午後5時30分~8時(金・土・日・祝は9時まで) ※3月27日(月)の休園日も夜間のみ開園
  • 会場・問い合わせ宇治市植物公園(宇治市広野町八軒屋谷25―1、京都京阪バス「植物公園」停すぐ)=TEL:0774(39)9387

おでかけ バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ