ホーム > > 特集:おでかけ > 花めぐりに出かけませんか

花めぐりに出かけませんか

花々がつぼみを開き、春の兆しを実感できるようになってきましたね。季節の変化を知らせてくれる春の花をめでに出かけませんか。

ピンクと白の花が優しげに

ボケ
退蔵院
3月中旬~4月中旬

水琴窟の近くなどに2〜3本あります

妙心寺の塔頭(たっちゅう)・退蔵院。池泉回遊式庭園「余香苑(よこうえん)」を訪れると、緑色の葉の合間に、ぽってりとした花が咲いています。こちらのボケの花は、ピンクと白が混ざった優しい色合い。りんとした庭の美しさに、淡い色のかわいい花が、春の訪れを告げています。

  • 京都市右京区花園妙心寺町35
    (市バス「妙心寺前」停から徒歩4分)
  • TEL:075(463)2855
  • 午前9時~午後5時
    (受け付けは4時30分まで)
  • 大人500円、小中学生300円

瓦の黒に映える、小さな黄色い花

サンシュユ
三秀院
3月初旬~下旬

天龍寺の参道が観賞スポットです 写真・水野克比古

天龍寺の塔頭・三秀院の門のわきには、樹齢50年ほどのサンシュユの木が。3月初旬になると、横に大きく広がった枝先に黄色い花が姿を見せます。実は、この花、小さな花がたくさん集まったものなのです。よく見ると小花の様子が分かるかもしれませんね。

築地塀の黒い屋根瓦にサンシュユの黄色が映える、落ち着いた和の情緒がすてきです。

  • 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町64(京福「嵐山」駅から徒歩3分)
  • TEL:075(861)0115
  • ※院内の拝観はしていません

合計400本、さまざまな梅を楽しめます

長岡天満宮
3月中旬まで

3月26日(日)には、お茶席などが出る、梅花祭(ばいかさい)が行われます

長岡天満宮といえば、梅の名所ですね。2月の中旬から咲き始める梅は社殿付近や八条が池のほとりなど、境内に約300本、さらに、社殿奥の梅林に100本。しかも、早咲きや遅咲き、そして、紅梅、白梅、枝垂れや八重咲きなど、種類もいろいろ。多彩な梅の魅力を満喫できますよ。

  • 長岡京市天神2丁目15-13
    (阪急「長岡天神」駅から徒歩10分)
  • TEL:075(951)1025
  • 参拝自由

池の周りに咲く白い花

ユキヤナギ
龍安寺
4月上旬〜中旬

花をめでながら、池の周りをのんびり歩くのもいいですね 写真提供・龍安寺

小さく、白い花がかわいらしいユキヤナギ。龍安寺の山門をくぐった左手にある、鏡容池(きょうようち)の周囲でも、見ることができます。ほとりには桜の木もあり、時季が合えば、桜とユキヤナギを一緒に見ることもできるそう。

  • 京都市右京区龍安寺御陵下町13
    (京福「龍安寺」駅から徒歩7分、
    市バス「龍安寺前」停すぐ)
  • TEL:075(463)2216
  • 午前8時~午後5時30分
    (受け付けは5時まで)
    ※3月1日〜11月30日の拝観時間
  • 大人・高校生500円、小・中学生300円

おでかけ バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ