ホーム > > 特集:食 > レモンをオン、レモンがイン!

レモンをオン、レモンがイン!

これからの季節、さっぱりとした料理が恋しくなりますね。そこで、レモンのい~い働きで、香りや味わいがさわやかになっている料理を集めました。これならどんどん食べられるかもしれませんよ。

レモン度が上昇! 変化するラーメン

白いスープの上にきれいに並んだレモンの輪切りは1/2個分。その下にやや細めの自家製麺とチャーシューやネギなどのトッピングが隠れています。このラーメン、鶏ガラなどでダシを取った〝濃厚鶏白湯(ぱいたん)スープ〟にレモンの味が徐々に移って、食べ進めるにつれレモン度が増加。とろ~りとしたスープを麺に絡ませながら、そんな変化も味わって。「檸檬ラーメン」950円。

祇園麺処 むらじ
東山区清本町373-3(四条通から切通しを上がり、二筋目を越えた東側)
TEL:075(744)1144
午前11時30分~午後3時、午後5時~翌午前3時
(土は午前11時30分~翌午前3時、日・祝日は午前11時30分~午後8時)
※LOはすべて閉店時間の30分前。麺の仕込み分がなくなり次第閉店
不定休

スライス、皮、オイルでリゾットの風味が豊かに

ムール貝、アサリ、エビと魚介たっぷりのリゾット。口に運ぶと、魚介のコクとともに、レモンの風味がふんわり。その理由はトッピングされたレモンのスライスだけではなく、レモンの皮の細切りが全体に散りばめられているから。さらに仕上げにレモンの香り付きのオリーブオイルを振り掛けて、さわやかさアップです! 「海の幸とレモンのリゾット」1950円。7月31日(日)まで。

Cantina Arco(カンティーナ アルコ)
中京区蛸薬師通麩屋町西入ル
TEL:075(708)6360
カフェ、バール/午後2時~4時30分(LO)、ディナー/午後6時~翌午前0時30分(LO)
水休み

奈良漬コロッケに苦みと甘みをほんのりプラス

最初に感じるのは、奈良漬の独特の香り。その後からやってくるのがレモンの香りとちょっとした苦み、それから、ほんのりと甘み。…甘み? そう、このコロッケには、見えにくいものの刻んだレモンピール(レモンの皮の砂糖漬け)が練り込んであるんです。複雑な味わいの立役者がレモンピールなんですね。「奈良漬けとレモンピールのコロッケ」。好きなコロッケを二つ選べるランチはサラダ付き950円。1個240円(テークアウト可、イートインの場合は1ドリンクオーダーが必要です)。

西冨家コロッケ店
下京区河原町通松原下ル東側
TEL:075(202)9837
午前11時30分~午後8時。ランチは正午~3時(LO2時30分)、金~日は午後6時~午前0時(LO11時30分)の酒場営業あり ※イートインはランチと酒場営業時のみ可
不定休

淡白なエビをさわやかな甘酢ソースで

エビの天ぷらに黄色いソースをつけて食べると、口に広がるのはしっかりとした甘さと酸っぱさ。このソースは、甘酢にたっぷりのレモン果汁を入れて酸味をさらに出したもの。ライム果汁を加えることで、スカッとした口当たりにしているそう。手前にはショウガとゴマで作ったドレッシングも。2種類の味で楽しめます。「海老のレモンソースがけ」1058円(夜のみのメニュー)。

魏飯夷堂(ぎはんえびすどう)
中京区三条通堀川西入ル(京都三条会商店街内)
TEL:075(841)8071
午前11時30分~午後3時(LO2時30分)、午後5時30分~10時30分(LO10時)
火休み ※臨時休業あり。7月11日(月)は休み

食 バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ